失敗する起業の5つのパターン


 

 

あなたは、どんな起業が

失敗しやすいかご存じだろうか?

 

 

 

マーケティング業界で起業して、20年以上。

実際に失敗パターンを数多く見てきた男が

その典型例を語る。

 

 

 

 

 

失敗する起業のパターン

 

 

まず失敗しやすい起業では、そもそも

好きではないジャンルを選んでしまっている。

 

周りにうまくいった人がいるから、流行っているから、

儲かりそうだから・・・こういった観点で心底惚れられない

ジャンルで起業すると、情熱を持って続けられず失敗する。

 

逆に本当に好きなことには、人は3度の飯も忘れるほど

のめり込むことができる。

 

ただお金が欲しいからと、好きでもないジャンルで起業すると

「こんな苦しい思いをするくらいなら辞めてもいい」と挫折し、

失敗する可能性は極めて高くなる。

 

 

次に、最初にお金がかかりすぎるケース。

 

起業時点で大きな借金を背負うとプレッシャーになり、ワクワク

よりも不安が募って、不安定な精神状態でビジネスを進めていく

ことに。これが失敗しやすいメンタルだ。

 

 

維持にもお金がかかってしまうのも、起業失敗の典型。

 

特に、形から入ろうと人を雇ってしまったり、綺麗なオフィスが

欲しいと家賃の高い社屋を用意したり。神宮前に会社をつくって

すぐに畳んだオヤジがまさにそうだったが。

 

 

また、起業後に薄利多売で忙し過ぎるパターン。言い方を変えれば

「原価率が高すぎる」ともいえるが、これが失敗につながる。

 

そもそもたくさん売らなければならない、たくさんサービスを

提供しなければならないビジネスは、時間の自由を得るのが

難しくなる。

 

そうなると、ビジネスが軌道に乗って

自由になる前に疲れ切ってしまうことに。

 

 

起業後の収入が安定しないのも失敗パターン。

 

たまにドカンと入ったり、ほとんど入らない月があったりでは

精神的に不安定になるし、休息したりビジネスに大切なアイデアを

得るためにリフレッシュする余裕がなくなる。

 

小額でもいいから、毎月の収入が欲しい。

 

そして理想的には、一つの大きな取引先に頼らず

複数の場所から収入があること。

 

 

 

失敗しない起業。時間・お金・場所・

人間関係の自由がバランスよく得られる

方法とは

 

 

 

 

失敗しない起業の方法

 

 

うまくいくのは、まさにこれら

失敗パターンの裏返しということになる。

 

 

すなわち、あなたが興味がありワクワクする

大好きなジャンルでビジネスに取り組むこと。

 

コツとして、大好きなことを見つけるにあたっては

「絶対に生涯続けたくない大嫌いなこと」を明確に書き出す。

 

これを前提にやりたいことをあぶり出せば、

後々道に迷うことはなくなる。

 

そして初期投資と固定費をかけず、利益率の高いジャンルで

勝負し、小額でも複数の取引先から毎月の安定収入を狙う。

 

 

言葉にすると簡単だが、現実には

一筋縄ではいかないもの。

 

ただ理想を定義して明確にしなければ、

あなたはいつまでもそれを経験することができない。

 

 

 

豊かさの意味を真剣に考えて国内移住を検討していた

裕章は、ついにバコンと四国に移住

 

数年後に移住の失敗起業の失敗を同時に経験

することになった同級生の彼は、俺と同じガチャピン好き。

 

あのチャレンジ精神を胸に、今日も前に進む。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ