主婦に働くよりもおすすめしたいのは?


 

 

「これからなくなる職業は、専業主婦。

結婚しても働くのが当たり前になるのよ」

 

 

 

同じダイレクトマーケティングビジネスの

先輩である白駒さんが目黒のセミナーで

そんな話をしていたのは、一時帰国したつい先日。

 

 

 

 

 

主婦が働く場合の選択肢

 

 

今でもすでに、子供が2歳の時点で

働く主婦が47パーセントに上っている。

 

生後半年でも、36パーセントの主婦が働く日本。

経済的にそれぞれの家計が厳しいことを物語っている。

 

 

主婦が働く場合でも、基本的には

結婚していない女性と同様。

 

つまり正社員・派遣社員・パートという選択肢だ。

 

旦那の希望、また子供がいるかどうかによって変わるが・・・

派遣やパートという非正規雇用の割合がやはり増える。

 

 

とはいえ、日本でも女性の社会進出に伴い、働く主婦を

正社員として受け入れる傾向がこれから高まっていく。

 

主婦にとって配偶者控除のメリットがなくなっていくのも、

正社員として働く人が増えていく流れに沿っているといえる。

 

非正規よりも収入が上がるのはもちろん、産休や育休が

もらえたり、ボーナスや退職金、厚生年金を当てにして

正社員を希望する主婦も少なくない。

 

俺のオヤジの世代のような、家庭は主婦である奥さんが守り

旦那が外に出て働くというスタイルは、もはや化石のよう(笑)。

 

 

ちなみに、俺がニュースレターの中で行った

アンケートでも世論とほぼ一致した結果が出た。

 

つまり「これからの生活に不安を感じる」のが、主婦が

家にこもらず外に出て働くモチベーションだということ。

 

 

一方で、男女平等の傾向が高まりつつある今の日本。

 

主婦が仕事を得て働くのが容易なのもあり、DVや浮気に

悩まされながらも離婚後の生活が不安でいつまでも別れられない、

という女性が減ってきている。

 

 

 

主婦が働くことなく

自宅で安定収入を得る方法とは?

 

 

 

 

あなたが主婦なら、働くよりもおすすめしたいのは

 

 

フェミニストの俺としては(笑)日本でも女性が

社会進出していくのは歓迎だし、女性が活躍する社会は

俺が移住したこのフィリピンのように安定している。

 

 

それでも、女性は外で働く以外に家事のほとんどを

実質担当することになり、負担が増えているのが実際のところ。

 

特に正社員となると任される仕事で、

精神的にきつくなってくる。

 

 

そこでおすすめしたいのは、自宅にいながら

低コストで主婦が起業できる方法。

 

具体的には、あなたの得意だったり興味のあることを中心に

ブログやメルマガで情報発信していくオンラインビジネスだ。

 

 

これなら初期投資も維持費もほとんどかからず、

家にいながら収入を生み出す資産をつくっていくことができる。

 

最初の3ヶ月から半年は収入にならないが、記事を

書き続けるほど集客は有利になり、メルマガを使うことで

より効果的な情報提供が可能に。

 

具体的な方法については

ニュースレターでお伝えしていく。

 

 

 

主婦でありながらメンターの探し方を常に探求し、

働く中で怒りの感情のコントロールをマスターしたユイさん。

 

俺と同じ元人見知りで、人付き合いが面倒だった彼女は

ルーマニア観光を通してキラッと変化した。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. テラ より:

    まさに専業主婦ですが、働かなくてはと思う一方で、もう少し子どもの面倒を見ていたい

  2. テラ より:

    まさに専業主婦ですが、そろそろ働かなくてはと思う一方で、もう少し子どもの面倒を見ていたいなんていう身勝手な気持ちとの間で悩んでいるところでした。
    外に出て働くほかにも、オンラインビジネスで収入を得られる方法があるんですね。とても興味があります。ぜひ教えていただきたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ