アニラオダイビングの魅力とは?


 

 

マニラのあるルソン島のアニラオ。ここで

ダイビングをしてみたいと思ったことは?

 

 

 

先週アニラオでダイビングを楽しみ、思いがけず

良かったとレポートをくれたのはモテ仲間の金田夫妻だ。

 

 

 

 

 

アニラオってどんなところ?

 

 

フィリピンのニノイ・アキノ国際空港から、

渋滞にもよるが3時間程度で着くルソン島の

有名なダイビングスポット、アニラオ。

 

首都圏から近いところとしては、友達のdeeが住んでいた

スービックやレメディー、maryの住んでいるミンドロの

プエルトガレラもあるが・・・個人的にはアニラオをおすすめする。

 

 

俺がしばらく住んでいたマラテ、ビトクルーズ駅近くの

コンドミニアムから徒歩でも行けたマニラ湾。

 

汚くて臭い東京湾を彷彿とさせる(笑)この海と

つながっているとは思えないほど、このアニラオは美しい。

 

フィリピン全体にいえるが、水温が適度。

 

またセブやボホールと異なりレイニーシーズンがはっきり

しているルソン島だが、アニラオでは雨季でも大した影響なく

ダイビングを楽しめるのがいい。

 

 

首都圏に近いので初心者向きかと思いきや・・・

 

まさに金田夫妻のようなベテランのダイバー達も、

いつも見る海中の生物がアニラオでは独特に映ると

いうことで、満足度は高い。

 

 

 

アニラオ近郊に住んで、いつでも南国

フィリピンでダイビングを。それを可能

にする「場所を問わない収入」とは?

 

 

 

 

アニラオダイビングをおすすめする理由

 

 

まずはアクセスの良さ。

 

ルソン島の渋滞は避けられないが、それでも日本から

直行便があるマニラから日帰りで行けるのは、時間の

ないあなたにはありがたいロケーションだ。

 

 

幻想的なソフトコーラルやサンゴフォレスト、何が飛び出すか

分からないサプライズが楽しいサンドエリアなど、とにかく

ダイバーを飽きさせないアニラオでのダイビング。

 

金田夫妻が盛り上がっていたのは、特にドリフトダイビングの

話題だった。そして、このアニラオにはまだまだ未開拓の自然が

残っているという意外な事実。

 

 

世界ナンバー1ビーチリゾートとして有名な

パラワンのエルニド、同じパラワンのコロン島。

 

その他、世界ナンバー2ビーチリゾートのボラカイ、それに

俺がモテ仲間と日本人村をつくるボホールのパングラオアイランド、

バリカサグ島・・・

 

とにかく潜る美しい海に困らないフィリピンだけに

ルソン島についてはあきらめていたから嬉しい誤算だったと、

サンミゲルで顔を赤くして語る金田さんだった(笑)。

 

 

 

ロシア女性と結婚してアニラオに住んでいた間島は、

それが偽装結婚だったと知り、傷心でダイビングも

できずに引きこもっていた。

 

ドバイへの旅費を調べた彼はドバイでの仕事を見つけ、

いきなり現地に住むことになった。

 

同じマザコンの間島(笑)、

早く立ち直ってほしい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ