現地在住者がフィリピンのairbnbを語る


 

 

あなたはフィリピンで

airbnbを使った経験はあるだろうか?

 

 

 

フィリピン移住前に住んでいた俺の実家

埼玉でも、なんと自宅の裏にairbnbが出現。

 

空き家を活かすのはいいが・・・いったい誰が

新倉の何もない住宅街に泊まりに来るのか(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンのairbnbの現状

 

 

フィリピンでは、好景気に伴って物件が増え

投資不動産を持つ日本人も増えているが・・・

 

日本と同様、空室による損失に

オーナー達は苦しんでいる。

 

そこで一つの解決策になっているのが民泊、

airbnbとしての活用だ。

 

 

各国からの駐在員などを除き、フィリピンでも

コンドミニアムでの長期滞在者はなかなか獲得できない。

 

一方でフィリピンへの訪問客は増えており、旅行者やバックパッカー、

短期留学者にとっては安くて選択肢が広い民泊が便利。

 

そこで、このairbnbの活用が

マニラやセブを中心に確実に増えている。

 

 

 

フィリピンという好景気の南国で

気ままに暮らし、airbnbを活用。

場所を問わない安定収入を得るには?

 

 

 

 

フィリピン・セブでおすすめのairbnb

 

 

例えばこのセブでは、1泊3,000円くらいで

いくらでもホテルやairbnbの宿泊先を見つけることができる。

 

何しろ、俺がずっと泊まっていたキャピトルのメイフラワーインは

1ケ月ステイしても36,000円ほど。水道光熱費込みで使い放題のwifiが

ついているので、何とも安く済むホテル住まいだ。

 

 

セブの民泊で個人的におすすめなのは、友達のともさんが経営している

AYO AYO backpackers。セブプロヴィンシャルオブキャピトルから

それほど遠くない場所にある。

 

ここは一階が和食を出すレストランになっており、

2階のスペースをairbnbとして利用できる。

 

お得なのは長期滞在で、月16,000ペソ。35,000円せずに

やはり水道光熱費とwifiを利用可能。もちろんセキュリティもバッチリだ。

 

ただ難点は、トイレとバスルームが共同になっていること。

 

それでも、フィリピンの中では比較的

静かな環境で快適な滞在ができる。

 

 

また、セブの最北端の楽園マラパスクアに近い

友人anaの一戸建ての貸切。ビーチまで徒歩圏内だし、

何しろ日本人でも満足の豪華な設備。

 

こちらの希望はニュースレターよりどうぞ。

 

 

あなたがマニラセブシティのような経済の中心地で

中古の物件を持っているなら、airbnbに乗り出すのも

一つの良い投資になるといえる。

 

 

 

やはりフィリピンで民泊を営むのは、白人が彼女

自分らしさの例才能の見つけ方をしっかり把握している持田。

 

日本の財政破綻におびえて俺と同様に下見なくフィリピン移住。

彼も人からどう思われているかなど気にしない男だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ