セブ在住者が語るオスロブダイビング


 

 

オスロブでダイビングをしようと思ったことは?

 

 

 

俺がこのオスロブという地名を知ったのは

和光からマニラ、そしてマニラからセブに移った後。

 

ダイビングにそれほど興味がなかった俺・・・

オスロブの情報が入ってきたのが現地移住後だったから笑える。

 

 

 

 

 

オスロブダイビングの魅力

 

 

オスロブはフィリピンのセブ島、マクタンセブ国際空港から

セブシティを通り南に4時間ほど下った場所にあるダイビングスポット。

 

ここがとにかく有名になったのは、世界でも貴重なジンベイザメを

ほぼ100パーセントの確率で見ることができると言う事実。

 

ジンベイザメと至近距離で並んで泳げるというのも、

ここが相当ユニークな場所であることはダイバーなら分かる。

 

 

ただ、このオスロブのジンベイザメについては

その人工的な感じに賛否両論あるのも事実。

 

養殖していると勘違いしている人も多いが、

実際は餌付けをして彼らがここに留まるよう

人間がコントロールしているだけ。

 

 

セブシティの辺りはマニラと同じように海が綺麗ではないが、

やはりシティから南北に3,4時間車を走らせれば、このオスロブのように

海が美しい場所はまだまだある。

 

フィリピンの他の場所の例に漏れず水温が温かいこと、

スタッフがホスピタリティを発揮してくれるので

いたれりつくせりのダイビングができるのが魅力だ。

 

 

 

オスロブ近郊に移住して、フィリピンの

南国ライフを楽しむ。アイランドホッピングや

ダイビングをしている間も安定収入が尽きない理由とは?

 

 

 

 

オスロブでダイビングをするには

 

 

まずセブまでは日本から直行便が来ているので、

フィリピンまで5時間程度で移動。

 

そして空港から車をチャーターしておいてもいいし、

一旦セブシティのサウスバスターミナルまでタクシーで行き

そこからバスで南下してコストを抑えてもいい。

 

ただ途中はかなりのラフな道なので、車酔いに気をつけること。

多少暑くてもいいなら、窓を開けられるエアコン無しのバージョンを選ぼう。

 

 

オスロブでのダイビングに関する

現地の相場だが・・・

 

スキューバの場合なら約1時間でだいたい4,000円、

シュノーケリングなら30分3,000円弱。海に浸かりたくない

あなたは、船の上からの鑑賞で1,500円かからない。

 

事前に講習会があるので注意点を知ることができるが、

ジンベイ達の半径5メートル以内に入らないこと、

彼らを撮るならフラッシュをたかないこと。

 

 

 

オスロブやフィリピンのプエルトガレラ、特にプエルトガレラの

サバンビーチが好きで、タイの夜遊び特にパタヤの夜遊びが大好物の

ダイビングインストラクター耕太郎。

 

俺と同じマザコンの彼は今

フィリピンで働くことを検討している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ