サンパギータという花の魅力とは?花言葉と花売りについても紹介


 

 

サンパギータはフィリピンの国花だが、

画像で見てもいまいちパッとしない。

 

渡比したことがあるあなたなら

現地でしなれたサンパギータを通りで見かけたかもしれないが・・・

 

 

この記事では現地在住者が

サンパギータについて紹介しよう。

 

 

 

サンパギータという花の魅力。花言葉は・・・

 

 

サンパギータはジャスミン科であり、

日本では茉莉花と呼ばれる。

 

大きな白い花弁の真ん中のイエローがアクセントで、

おしとやかな見た目とは異なりエキゾチックな香りを放つ。

 

 

このサンパギータは、そのエッセンスがフレグランスやオイルなど

様々なものに香料として使われている花。石鹸や女性のリップスティック

はもちろん、ドリンクにまで使用されるほどの人気。

 

一方ではサンパギータエキスに鎮痛作用や

イライラを抑える効果があったりと、ヒーリングを始め

何かと役に立つ花だ。

 

 

サンパギータについての

エピソードで覚えているのは・・・

 

友達のメアリーのお姉さんが妊娠した際、お腹をマッサージする時に

ココナッツとサンパギータを混ぜたオイルを使っていたこと。あの

花の香りが今でも浮かぶ。

 

 

このエッセンスは採取に時間がかかるため、フィリピンでは

貴重なものとして扱われている。ちなみにルソン島ではラグナが有名。

 

そしてフィリピン人には、後で語るエピソードを背景に

サンパギータが特別な花として扱われている。

 

フィリピンを代表する花は

決してヒマワリではない(笑)。

 

 

そして花と言えば、花言葉。

 

 

サンパギータの場合、入り口の看板に花輪を掛ける

現地の花屋さんが教えてくれたのが「永遠の愛」。

 

まさに、このサンパギータがフィリピン国花になったエピソード通り。

可憐な外観にふさわしい。

 

 

愛想の良さ、清純といったものも花言葉になっていると

そのフィリピーナは話していた。

 

 

 

サンパギータの花が身近な南国暮らしのために、

場所を問わない経済力を構築する方法

 

 

 

 

フィリピンとサンパギータという花の関係。花売りを見て思うのは

 

 

サンパギータは、俺がマニラで見かけたように

フィリピンではストリートや教会でよく売られている。

 

これはフィリピンの国花、つまり日本でいう桜のように

この国を代表する花ということ。

 

 

ストリートで女の子がサンパギータを持ってくると

つい買ってあげてしまいたくなるが、 悪い大人の組織に利用されていて

直接そのお金が全て彼女達に入るわけではない。

 

こうした仕組みを知っておくと、

彼女達への同情心にも歯止めがかかる。

 

 

デルフィンとロジータ・・・サンパギータに絡めて

この物語を知らないフィリピン人はほとんどいない。

 

争い合う部族それぞれの家庭に生まれた彼らは

若くして亡くなってしまうが、その愛を引き裂くことはできなかった。

 

そう、この物語の中に登場するのが

サンパギータという花だ。

 

この物悲しいストーリーとともに、

サンパギータはフィリピン全土に知られることとなった。

 

 

俺がこれを初めて目の当たりにしたのは、

やはり初めてフィリピンに行った時。

 

マニラの大渋滞の中を裸足で歩き、ドライバーに白い花を

売りつけようとしていた少女を今でも忘れない。

 

 

 

サンパギータが表紙の死別ブログで多くの共感を集めていたのは、

バタフライ効果に疑いを持たない地花さん。

 

東南アジア旅行フィリピンの税金の高さを知った彼は、

俺と同じ元ネガティブ出身の人だ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ