意外にもmanila観光がおすすめの理由とは?


 

 

悪名高いmanila。

ここを観光しようと計画したことは?

 

 

 

俺の場合は観光の前にmanilaに

ビジネス関係で渡航し、その後は下見もなく移住。

 

そもそも日本でフィリピンパブに行ったこともなく(笑)、

この国との接点の持ち方からして相当変わっていた。

 

 

 

 

 

観光の前に。manilaってどんなところ?

 

 

manilaはご存じ、経済成長を続ける東南アジア

フィリピンの首都であり、最近は観光地としても

注目されつつある大都会。

 

中心地を始め、metro manilaと呼ばれる

首都圏全体では1,000万人を超える人口。

 

仕事を求めてフィリピン各地から多くの現地人が

集まってくる、まさに東京のような場所だ。

 

 

グローバルな雰囲気を持つマカティの高層ビル群を

見上げると、ここが発展途上国とはとても思えない。

 

すぐそばのフォートボニファシオは高級住宅街であり、

綺麗な建物やお店が立ち並ぶ。

 

一方ではベイエリアを中心にフィリピンらしい雰囲気を残す

場所もあり、かつてはフィリピンで最も有名な歓楽街だった

マラテ地区はその典型。

 

 

このmanilaのイメージが悪いのは、日本人の場合は

古いものだと若王子氏の誘拐事件やアキノ氏暗殺、そして

ここでよく起きる保険金殺人も理由の一つだ。

 

日本の元暴力団や犯罪者が潜伏する場所

というイメージもある。

 

 

しかし実際に移住して住んでみると、よっぽど

マレーシアやインドネシアのほうが治安が悪く感じる(笑)。

 

もちろんスリや置き引きといった軽犯罪に

気をつける必要はあるが、危ない場所に危ない時間に行かない

という海外での基本を守れば、過剰に恐れることはない。

 

 

 

manilaやcebuに住んでも尽きない

安定収入。世界中をいつでも好きな時に

観光できる時間と場所の自由を

手に入れるには?

 

 

 

 

manila観光におすすめの場所と注意点

 

 

manilaで見ておきたいのは、スペイン時代の面影を残す

古い教会達。例えばイミグレのあるイントラムロスの中にも。

 

それ以外では動物園や水族館、博物館もある。

エンチャンテッドキングダムは日本人でも楽しめる遊園地だ。

 

manilaから少し足を延ばす時間があるなら、

バタンガスで綺麗なビーチを見たり避暑地のタガイタイで

ゆっくりするのもいい。

 

ラグナに行けば温泉を楽しむこともできる。

 

 

ここでの注意点としては、とにかく

油断だけはしない、ということに尽きる。

 

もちろんスモーキーマウンテンで有名なトンド地区など

確実に危ない場所には近づかないこと。現地人が多く住んでいる

ダウンタウンやスコーターエリアも同じだ。

 

エルミタのような歓楽街では昏睡強盗、そして暗い路地裏での

恐喝にも気をつける。一目で日本人と分かるような目立つ格好で

単独でフラフラしないこと。

 

同じ日本人による詐欺事件も起きているので、

見知らぬ人と気軽に知り合いにならないように。

 

ストリートチルドレンには、同情しても

お金はあげないこと。あげるならお菓子など食べ物を。

 

ポン引きはとにかく無視するに限る(笑)。

 

 

manilaの渋滞はひどいので、

移動には時間に余裕を持って。

 

 

ちなみにmanila観光で滞在費用を抑えるには、

エアビーのような民泊を利用するのも一つ。

 

またモテ仲間にはウェンシャスパに泊まり、

マッサージと食べ放題を一緒に楽しむ人も。

 

 

 

フィリピンのアンヘレスやmanila、ボホール島

フィリピンファッションで闊歩するのはフランス人と恋愛し、

香港で起業した元観光ガイドの本橋。

 

俺と同じシイタケ嫌いだが(笑)、

彼も海外生活を楽しんでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ