セブ就職のメリットとデメリットとは?


 

 

語学留学やリゾートで人気のセブ。

ここで就職するのを本気で考えたことはあるだろうか?

 

 

 

埼玉の和光から移住した現地在住者が、

セブでの就職の魅力と問題点を語る。

 

 

 

 

 

セブ就職のメリット

 

 

セブ就職では、当然ながら世界第3の英語圏フィリピンという、

アメリカ人も認めるレベルの高い英語環境に囲まれて仕事が

できる。

 

ただしこれは、セブで就職する職種にもよるので注意。

 

セブで求人の多い日本人向けのコールセンターや語学学校、また

日本人向けに不動産を紹介する会社では当然、就職しても英語を

使う機会は少ない。

 

一方で、例えばセブにある観光系の会社やIT系などでは

就職後に英語を使うチャンスは多い。

 

ニュースレターでも語っているが、日本語を使う機会を

少なくすること、とにかく英語に囲まれることが最も早い

英会話習得への道。

 

 

また、フィリピンに最も多い外国人である韓国人を始め

欧米人など多くの人種がこのセブを訪れるため、就職を

通して国際感覚を身につけられるのもいい。

 

 

物価や人件費が安いというフィリピンのメリットを

享受できるのも、セブ就職の魅力。

 

特にセブは首都マニラと比べても、生活費が下がる。俺の実験

では、半引きこもり生活で60,000円以下で1ヵ月暮らすことが

できた(笑)。これは東京では考えられない。

 

実際、移住仲間の柏さんは家賃と光熱費補助のある会社で

食費も日本の半分以下で済んだため、毎月120,000円も

貯金ができていた。

 

 

その他セブには日本から直行便があり、一時帰国もしやすいこと。

就職後、仕事の合間に観光するスポットやビーチリゾートにも

困らないこと。

 

自然と都会のバランスが良いこと、マニラと違い台風の影響も

受けず、一年を通して温暖で過ごしやすい気候であること。

人々がフレンドリーで親しみやすいなど、多くの魅力がある。

 

 

セブで就職しなくても、南国生活を

満喫しながら日本円の安定収入が

得られる方法とは?

 

 

 

 

セブ就職のデメリット

 

 

セブではそもそも、選べる職種が少ない。その中でも学校の

スタッフや観光業への就職だと、キャリアアップや昇進も

期待できないというマイナス面が。

 

 

現地採用の場合は日本人といえども、

やはり日本よりも給与水準が下がること。

 

セブに限らずフィリピンでは外国人への税金が高く、

会社によって30パーセント近く所得税が引かれることになり

手取りはかなり小さくなる。

 

 

またセブもフィリピンなので、現地の生活に馴染めないと

様々なストレスを感じることに。現地の人が時間やお金に

いい加減だったり、仕事中も適当だったりなどだ(笑)。

 

 

 

セブという海外で暮らす世界で活躍する日本人

移住仲間の鴻崎さん。海外就職で習慣を変えることを始め、

パラダイムシフトの例を蓄積していった。

 

個性心理学診断で同じライオンの彼は、

大のシイタケ嫌いという点でも共通する(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. くっちゃん。 より:

    そうだ、セブで就職だ。(笑)そんな手もあるもんだぁ?>この話をしていると必ず頭によぎるのが、
    自動車を一般人の乗り物にした
    ヘンリー・フォードの逸話。
    彼はある時、経営者にも関わらず
    多くのことに無知であるのを
    激しく糾弾された。
    フォードが答えたのは
    「それぞれの分野のプロフェッショナルを
    ボタン一つで呼び出せるのに、どうして
    自分が全てのことを知っている必要があるのか?」
    彼はまさに、本当の
    他力本願の意味を知っていた。
    得意なことは、
    その道のプロに任せればいいと。
    自分が一つ一つのスペシャリストになる必要などなく、
    それを活用できる立場にあればいいということを。
    「自分の力で解決しなさい」
    そんなふうに育てられてきたのは、
    日本人なら俺だけではないはず。

  2. makostyle より:

    勝手な想像ですが、日本人がその国の言語を話せたとしたらそれなりに給料をもらえるものと思っていました。ですが実際はそうではないのですね。さらに税金まで高いとなると少し辛いですね。でも行きたい!

  3. せるりあん より:

    日本で働くより収入が減るけれど、物価も安く温暖な気候の中で生活できるのは
    いいですね~。
    現地の人がお金や時間にルーズなのは、ついイラっとしてしまう私には
    慣れるまでにストレスかかりそう(笑)

  4. ひかり より:

    英語を学びながら仕事ができるとは
    いい環境ですね!!
    しかも6万円くらいで生活できるとは!
    日本とは大違いですね。
    デメリットもあるようですが、魅力的です。

  5. こう より:

    一ヶ月6万円で生活できるのは良いなあ。物価が安いのは大きなメリットですね。一方で仕事上でキャリアアップを目指す場合は困難な場合が多いんですね。悩みます。どちらも手に入れたいと思う私は贅沢者なのかもしれませんが・・・。やはり温暖な気候でのんびりと暮らす生活が一番かなあ。ストレスから解放されたいです(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ