現地在住者がフィリピンのジョリビーを語る


 

 

あなたはフィリピンの「ジョリビー」を

試したことはあるだろうか?

 

 

 

埼玉からマニラ、セブに移住した現地在住者が

フィリピンのソウルフード(笑)ジョリビーを語る。

 

 

 

 

 

ジョリビーはフィリピン最強のフードチェーン

 

 

ジョリビーといえば、あのニコニコの太ったハチが

トレードマーク(笑)。フィリピンに来ればあちこちで見かける。

 

USAの他インドネシアやベトナム、中東など

OFW(フィリピン人海外就労者)の多い地域に進出。

やはりフィリピン人の多い日本での展開も検討されている。

 

 

有名なのは、あの世界最大のファーストフードチェーン

マクドナルドが、ジョリビーのために唯一このフィリピンだけで

ナンバーワンシェアを奪えなかったという逸話。

 

創業も俺が生まれたのと同じ年で、意外と長いのに驚く。

 

すでにフィリピン国内だけで1,200店以上と、 
マクドナルドの倍近い店舗数だ。

 

 

 

フィリピンというゆるい南国に住んで、

毎日マッサージやハロハロ、ジョリビーを楽しむ。

その間も安定収入が尽きない理由とは?

 

 

 

 

フィリピンでジョリビーが人気の理由

 

 

フィリピンのファーストフードといえばジョリビー。

ここまで成功したのには、やはりいくつか理由がある。

 

 

まずは現地人の好む甘めのテイストが、

膨大なリピーターを生み出す理由。

 

ミートソーススパゲッティも甘いので

日本人の場合、好みが分かれるが(笑)。

 

ハンバーガー以外にライスがあるのは当然。

グレービーソース付きのチキンとライスという

単純な組み合わせだが、フィリピン人はこれが大好き。

 

 

安いハンバーガーセットがあって庶民層を取り込んでいるし、

子供向けのテレビCM、よく店内で開催されるジョリビーキャラクターとの

交流イベントも家族連れの心をつかんで離さない。

 

 

俺もジョリビーのチョコレートサンデーとチーズまみれのホットドッグ、

味付きのフライドポテトは大好物。身体に良くないのは知りながら(笑)。

 

あのポテトとチキンなら毎日でも大丈夫と語っていたのは

ESLティーチャーのフィリピン人友達ヤンだった。

 

 

そして、その戦略的なチェーン展開の方法。

 

とにかく各マクドナルド店舗のそばにお店を出すという、コバンザメ戦略。

なんと分かりやすく露骨なマーケティングだろう(笑)。

 

中国人華僑は世界中で活躍しているが・・・

ジョリビー創業者であるフィリピン華僑のトニー・タンは

やはり、やり手の一人。

 

 

 

ジョリビー好きなのは日本人のマナーマニラのゴーゴーバー

偽装結婚に詳しい仲間の藤田さん。

 

ルーマニア観光後にオランダで就職した彼もやはり、

俺と同じフェミニストと自負する(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ