LAカフェをフィリピン在住者が語る。相場やマニラのホテルからの地図は?2階はどうなってるの?


 

マニラベイカフェは、どちらかと言えば

「LAカフェ」でよく知られている。

 

マラテで手っ取り早く女性と知り合い

ナイトライフを楽しみたいなら、ここに来ればいい。

 

 

ただし、日本人はここでモテるだけに

気を緩めて騙されるというケースも。

 

現地在住者がマニラベイカフェの実態や注意点を語ろう。

 

 

 

マニラベイカフェ(LAカフェ)はフィリピンの現地人にも人気。マニラのホテルから地図では分かりづらい場所に

 

マニラベイカフェ(LAカフェ)は外国人が集う

逆ナンパスポットとして有名で、とにかくここにいる

女性のほぼ100パーセントがコールガール(売春婦)。

 

マニラベイではアラブ系や欧米系よりも日本人が人気なので、

日本人リピーターも多い。このカフェで日本人が好かれるのは

金回りが良いのと、優しい人が多いからだと彼女達は語る。

 

 

とにかく、夜も更ければ歩くのも大変になるほど

女性達で芋洗い状態の店内。

 

外国人が入ると目立つのか、艶めかしい視線が

集まってくる。これが気持ち良いと思えるあなたには

ここが向いている(笑)。

 

ただ、思ったよりもフィリピン人男性が多く

お酒やビリヤードを楽しんでいる。

 

 

店を入ってまっすぐ行った奥と、入って左側に

ビリヤード台があり、その周りに座席が置かれている。

それ以外に立って飲めるテーブル、座れるテーブルがいくつか。

 

 

カツさんがビリヤードをプレイするのを飲みながら

眺めている間に、声を掛けてくる女性達と会話を弾ませる。

 

いきなりディープキスをしてきておかしい女もいたが、

後から聞けばもちろんこの子も売春婦だった。

 

 

ちなみに、特に夜は地図では分かりづらいので

ホテルから向かうならGoogleマップはマストだ。

 

 

 

マニラベイカフェ(LAカフェ)の相場。2階はどうなってる?

 

 

ここのシステムは、こっちから気に入った子に声を掛けたり

向こうから声を掛けられた後に交渉。

 

2,000から3,000ペソ、プラス交通費&ホテル代&

チップの300ペソ程度というのが一般的。

 

気に入ってもらえれば少し下げることもできるが、大体が

子持ちで生活のために身体を売っているので、なかなか

下げられないことが多い。

 

ちなみに、朝方になって売れ残った子は

「500でもいいから買って」と泣きが入っていた(笑)。

 

 

全体的にレベルはそれほど高くないというのが、個人的な印象。

セブのビキニバーのほうが可愛い子が多かった。

 

 

2階が気になるという人もいたが、何のことはない

ちょっとしたダンスフロアになっている。人口密度は

1階ほどではない。

 

 

 

マニラベイカフェ(LAカフェ)で気をつけたいこと

 

 

病気に気をつけるのは、

ここに限らず夜遊びで当然のこと。

 

 

ここで出会ったシャナのように「個人的に友達になる」

「あなたの彼女になりたい」と言っても、もちろん信じないこと。

相手は娼婦であり、お金がとにかく欲しい。

 

中にはバックに怖い男がいる場合もあるので、

払わないで逃げるようなことがないように。

 

 

またマニラベイカフェでは時々、

昏睡強盗の話を耳にする。

 

男性がトイレに行っている間にお酒に睡眠薬を入れられ、

正体をなくしたところで財布を奪われるという事件。

 

 

もともと、夜この周辺の暗い道には危ないジャンキーが

ふらついていて、刃物で脅されたという人もいた。

 

カフェ周辺を一人ではフラフラしないように。

移動は当然タクシーだ。

 

 

ちなみにマニラベイカフェにタンクトップで

行ったことがあるが、とにかく目立って浮くので

やめておいたほうがいい(笑)。

 

 

 

俺が初めてここに入ったのは、フィリピン完全移住前の

3ヶ月の短期滞在の時。

 

マラテに住むカツさんがビリヤードをやりに毎日のように

ここに通っていたので、それを見るためについて行ったのが

きっかけだった。

 

売春婦の巣窟だとはもちろん知らずに(笑)。

 

 

 

マニラベイカフェでいつでも遊べる

自由を手に入れる方法

 

 

 

 

「今度行くフィリピンのマニラで

観光におすすめの場所ってありますか?」

 

 

facebookのデート機能リリースに喜んでいた

久米川の金山くん(笑)。

 

より一層フィリピンのマニラ通いが増え、

観光よりも夜遊びに熱を上げそうだ。

 

 

 

フィリピン・マニラの観光の際に気をつけること

 

 

気をつけたいのは、昼間でも辛気臭いダウンタウンには

入らないこと。夜の歓楽街でも一本入った通りは暗くなっていて、

ジャンキーがフラフラしていることも。

 

ナイフを持った男による恐喝というのも、マニラでは

時々起こる。フィリピンは銃社会でもあり、耳にした

発砲事件は意外と少なくない。

 

 

日本人とすぐに分かる格好でフラフラしないこと、

スリや置き引きには当然注意。

 

またストリートチルドレンがいきなりジーンズのポケットに

手を突っ込んできて小銭を盗まれたのは、カツさんと歩いていた

マビニだった(笑)。

 

彼らに何かあげるならお金ではなく、食べ物を。

ドラッグの購入につながってしまい彼らにとってマイナスなので。

 

 

夜のバーでは気軽に話しかけてくるフィリピン人女性や

現地に溶け込んだ日本人に気をつけること。昏睡強盗も

時々起きるし、近づいてくる時点で何か企んでいる。

 

特に日本語の流暢なフィリピン人。フィリピンの人達は

特に外国人に対しては基本シャイなので、話しかけてくる

ということは何か魂胆があると単純に考えておけばいい。

 

 

初めてフィリピンのマニラに来るなら、

信頼できる観光ガイドを付けるのも一つ。

 

これは見どころを案内してもらうというよりも、

フィリピンの安全面でのアドバイスをもらえるという意味で。

 

 

 

フィリピン・マニラ観光におすすめなのは

 

 

フィリピンのマニラと言うと夜遊び、

ナイトスポットとして知名度が高いが・・・

 

観光目的でも意外と見どころがある。

 

 

例えば城塞都市イントラムロス。

 

ACR i-cardを取るために初のフィリピン渡航で訪れた場所だが、

実はここがメジャーな観光地だったことに後で気づいた。

 

スペイン時代の面影を残し、古い教会もあって

散策には良いが・・・暗くなってからは近づかないように。

 

 

マニラで観光できるのは、キリスト教の国ならではで

古い教会が中心になり、あとは博物館だ。

 

遊園地で言えば、しょぼいものでスターシティ。

少しディズニーランドを意識したものなら

リリベスと行ったエンチャンテッドキングダム。

 

水族館のマニラオーシャンパーク、

マニラズーのような動物園もある。

 

 

個人的に時間をとって足を運んでほしいのは、

マニラから少し離れた綺麗なビーチ。

 

バタンガスは同じ島とは思えないほど美しい海を見れるし、

そこから遠くないアニラオサンビームはスキューバダイバーも

よく訪れるポイント。

 

逆にマニラから北上すれば、スービックで潜ると

沈没船を見ることもできる。

 

 

マニラから少し離れたラグナでは、

スパを楽しむことも。

 

わざわざフィリピンに来て本格的な温泉に入りたいという
日本人も少ないだろうが(笑)。

 

 

 

フィリピンのカガヤンデオロやマニラベイが好きなのは、

危ない仕事を続けながら恋愛における男女の違い

探求するカフェ店員の山口。

 

俺と同じく結婚はいらないと

あちこちで語っている男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. あす より:

    子どものために自分の体を売って…悲しい世の中ですね。きっとその子どももそうやって生きて行くんだな〜と感じてしまいました。世界は闇深い…

  2. さら より:

    コールガール、やはりいるんですねぇ、、
    500でもいいから買って、、なんて言われるんですか。悲しすぎる。泣

  3. いっくん より:

    店名がカフェだからおしゃれなカフェを想像したが違うのか。
    店にいる女性が100%コールガールとはすごいな。
    子持ちで生活のためというのは悲しいね。

  4. わかな より:

    甘い誘惑に乗せられそうな言葉を言ってくるんですか。日本も治安が悪いところは飲ませて酔わせてお金を抜き取るというのはよく聞きます。

  5. あい より:

    生まれ変わったら男になって、このような夜遊びしてみたいです。笑
    遊ぶ相手を吟味できるって面白いですね。

  6. さら より:

    このような場で、個人的に友達になりたいなどという言葉は信じない方がいいのですね。勉強になりました!!

  7. ユタカさん より:

    女性は100%コールガールなんて店があるのですか!?
    ビビリな自分はそんな店には近寄れません。
    そんな店で女性と値段交渉するなんて、映画やドラマのシーンみたいです。

  8. さえ より:

    昼間でも怪しい場所に行くと危険な目に遭うかもしれないのですね。気を付けなければです。
    お金より食べ物、勉強になります!

  9. きよ より:

    日本人はモテるのですか?
    お持ち帰り方式では朝方の売れ残った方達が、なんだかとても悲しいですねぇww

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授