フィリピン在住者がダバオの夜遊びを語る。観光で女遊びするためのマップも紹介


 

 

ダバオは、マニラやセブと異なり直行便がないので

本当にフィリピンが好きな人しか行かない場所。

 

それだけに、観光や夜遊びの情報が

他の場所よりも薄い印象。

 

 

そこでこの記事では、フィリピン移住者が

リアルな情報をお伝えする。

 

 

 

 

 

夜遊びの前に、ダバオってどんなところ?

 

 

フィリピンの南部、マニラとセブシティに続く

この国第3の都市ダバオ。

 

このダバオがあまりナイトライフ、夜遊びと

結びつかないのは・・・ここが「フィリピンで

最も治安の良い街」として知られているから。

 

 

例の過激発言で有名な大統領の出身地であり、彼が市長を

務めていた場所。それだけに他のフィリピンの街に比べて

綺麗さが保たれており、またルールも徹底されている。

 

ゴミのポイ捨てや喫煙、タクシードライバーのちょっとした

マナーなど人々のモラルもそれなりに高い。

 

 

その裏返しとして、ダバオが夜遊び好きの

あなたにとって残念なのは(笑)、夜のお店の

営業時間まで規制されていること。

 

それだけに、無駄足を踏まないためにも

ダバオの夜遊びは他の場所に比べ、より

事前情報が大切になる。

 

 

 

 

 

ダバオの夜遊び

 

 

ダバオが良いのは、やはりマニラなど大都会と違い

夜遊びの相手にスレた子が少なく、素朴なこと。

 

 

ただし、ここの特徴はマニラやアンヘレスといった

他の地域の歓楽街と異なり、女性スタッフのお持ち帰りに

積極的ではないところ。

 

ほぼ全てのお店でいちいち交渉が必要になるのは、あの

エドサコンプレックスでお持ち帰りをガンガン勧めてきた

お店のマネージャーを思い出すと考えられない(笑)。

 

逆に、店外デートしずらいのをいいことに「一晩6,000ペソ」

などと吹っかけてくる輩もいるので気をつけたい。

 

 

それでも、ほとんどのお店で個室に近い構造になっているため

それなりに楽しめると語っていたのは、ナイトライフに

目がない高橋さんだ(笑)。

 

ダバオ以外の夜遊びでまだ聞いたことがないのは

シャワーショーと呼ばれる、個室で女性スタッフが

自分の体を目の前で洗うという見せ物。

 

ちなみに高橋さんが話していたダバオでお持ち帰りのできる

カラオケは、カイザノモールのコローカンのKTV。また夜遊び

の定番として知られているのは、ホットレッグスというお店。

 

勇者のあなたには(笑)、立ちんぼ相手に

一晩500ペソという選択肢もある。

 

 

ダバオ番外編だが、個人的に夜遊び以外でおすすめしたいのは

人気のリゾート、サマール島。

 

外国人で混雑しているボラカイまで行かなくても、

美しい南国のビーチリゾートが楽しめる。

 

 

一時帰国時に新宿のミロードで

お茶をした、モテ仲間の郡山さん。

 

次に再会したのは

ダバオでの夜遊びの時だった。

 

 

 

ダバオで夜遊びをいつでも楽しめる

時間的・経済的自由を。フィリピンでも

日本円の安定収入を得続けるには?

 

 

 

 

ところで、ダバオで夜遊びするなら

個人的には近場のセブを勧めたい。

 

 

セブの夜遊びスポットと聞いて、

あなたはどこが思い浮かぶだろうか?

 

埼玉の和光からマニラ、そしてセブに移住してきた男が

現地の夜遊びスポットについて語ってみる。

 

 

 

 

 

セブの夜遊びスポット

 

 

いまだにセブのサークル近くのマンゴーストリート、

特にジュリアナあたりが夜遊びのメッカだと思っている日本人もいるが・・・

今は中心が別の場所になっている。

 

 

例えば俺が現地の友達とよく行くのは、

シティタイムスクエアの奥にある「リヴ」という大きなクラブ。

 

ここは韓国人や日本人を中心に

外国人が多い。

 

またエントランスフィーが数百ペソということもあって

ある程度余裕のあるフィリピン人の層がここに来ているので、

治安も悪くはない。

 

 

その他セブにはKTVや、フィリピン人と飲みながら歌えるカラオケ、

ゴーゴーバーがもちろん夜遊びの中心。

 

ある程度質の高いフィリピーナとデートしたければ、

セブ好きの韓国人や日本人が通う「アリーナ」で夜遊びを。

 

ここの連れ出し料金は6,000ペソを超えるので、

他の夜遊びよりも予算はぐっと高くなる。

 

 

 

 

 

セブの夜遊びの特徴

 

 

セブは広いマニラに比べ、様々なお店や施設が

まとまっている場所。定番の夜遊びスポットも

お決まりの場所にあり、日本人からの情報も豊富。

 

島全体が山梨県とほぼ同じ大きさで、さらに都市部、

遊び場となるとかなり移動がしやすいのは便利だ。

 

 

治安もマニラほど悪くはないが、パークモールなど

大きなショッピングセンターの周り、ITパークやシティタイム

スクウェア辺りでは軽犯罪を中心に日本人の被害報告も耳にする。

 

外国人が多いからと油断しないようにしたい。

 

 

またセブの夜遊びで出会う子達は、いわゆるマニラガールよりも

フレンドリーで話しやすい。素朴な娘も多いので、多くの日本人男性が

メロメロになっている(笑)。

 

英語が流暢なのでコミュニケーションもしやすいのが

セブガールの特徴でもある。

 

 

ちなみにこの島にも置屋やセクシーマッサージのお店はあるが、

それほど選択肢はない。

 

先週もコロンストリートのマッサージ店で

「おばさんしかいなかった」とがっかりしていたのは(笑)。

日本人現地在住者のハタ君。

 

バリエーションを楽しみたければ、

ルソン島のアンヘレスやマニラをおすすめする。

 

 

 

フィリピンへのハネムーンフィリピンのタガイタイやダバオ、

マニラのボニファシオを周遊。カリマンタン島での夜遊びを

我慢したのは(笑)俺と同じガチャピン好きの前田くん。

 

フィリピン料理に醤油をかけすぎる癖は

まだ直っていない。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは10件です

  1. GANGs より:

    夜遊びそもそもできるんすね。ダバオでも?

    このセブなど海外に学びに来ている
    留学生にとっては復習が命だが、
    速読が可能になることで
    効率が劇的にアップ。
    理解力も当然上がる。
    ちなみに革新的な技術やアイデア、
    ビジネスチャンスは今でも欧米から。
    当然英語で書かれた記事や本を
    スラスラ読めるようになれば、
    それを活かせるチャンスも
    増えることに。

  2. せるりあん より:

    ダバオは治安がいいのは安心ですね。
    女の子を連れ出すのに積極的でないのは、やはり規制があるのか。
    シャワーショーいいですね。

  3. makostyle より:

    フィリピンでもマニラなどの都会の子はスレているのですね。あまりそういう子は自分が田舎者なので得意ではありません。その点ダバオは純粋な子が多そうで夜遊びもほっこりしそうですね!

  4. たか より:

    ふむ、この記事だけ見ていると
    原住民の方のモラルもとれていて
    夜も規制されており、かなり治安がよく
    すごしやすそうな土地ですね。
    そしてシャワーショー!なんて響きがいいんでしょう(笑)
    美しい女性の水浴びほど美しいものはないと思うので
    一度見てみたいものです。

  5. あい より:

    フィリピンにはダバオという都市もあるのですね。
    なかなか大きい町のようですね。
    国の中でも色んな特色のある都市があり
    色々行ってみたくなりました。
    時間がいっぱいあっても足りないくらいですね!!

  6. シルビアン より:

    お持ち帰りするつもりはないけど、お店で楽しみたいって私には
    ダバオのお店はちょうどいいかもしれません。
    あまり積極的にお持ち帰りを薦められると、引いてしまうので。
    シャワーショーは楽しんでみたいです。

  7. しぃ より:

    シャワーショーって初めて聞きました。そういうのがあるんですね。自分が男性だったら興味本位で行ってしまうかも。サマール島も始めて聞きました。混雑していないビーチ、行ってみたいです。

  8. より:

    わたしは女なので人気のリゾートのサマール島でのんびり過ごしていたいと思います。
    治安がいいのはとてもいいと思います。

  9. Amy より:

    シャワーショーなんてあるんですね!身体を洗っているところを見る、、楽しいんでしょうか?(笑)
    世界には色々なお店がありますね~。勉強になりました。

  10. でびきん より:

    初めましてコメントさせて頂きます
    ダバオ移住3年目になる、でびきんと申します

    シャワーショーですが、ダバオのダウンタウンにある店で1件だけ知っていますよ
    クシナダバオと言うサンペドロ教会の近くにある食堂の向かいに1件シャワーショーを今でもやってるお店があります

    恐らくそこはダバオのホットレッグスで一番レベル高い店だと思います。
    お持ち帰りは1晩4500ペソなのでマニラやアンヘレスよりも高いと思います

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ