在住者が語るフィリピン医療


 

 

あなたは、フィリピンの医療の現状を

どれほどご存じだろうか?

 

 

 

俺が実際見た中で強烈だったのは・・・

 

喘息で担ぎ込んだ元カノkrisの隣のベッドで

管につながれた子供が、今にも亡くなりそうだったこと。

 

あの薄暗い病室の光景を、今でも覚えている。

 

 

 

 

 

フィリピン医療の実情

 

 

まずフィリピンでいえるのは、場所によって

医療事情に大きな差があるということ。

 

当然マニラやセブシティのような日本人が多い地域では、

OFWとしてアメリカで最先端の医療を学んだフィリピン人

医師が、帰国後に勤務していたりする。

 

こういった病院では、

設備や技術は日本と変わらない。

 

以前maryの付き添いで行ったマカティメディカルセンターで

驚いたのは、日本語が堪能な女性の医師までいたこと(笑)。

 

一方で、やはり地方になると

衛生面や技術の面で日本人にとっては不安。

 

 

そしてフィリピンの病院はプライベートとパブリック(国公立)

に分かれるが、前者は当然、医療費が高額。

 

パブリックは安い分、常に混雑している。信じられないことに、

ベッドが足りず床で寝かされていたのを見たことがある。

 

当たり前だが医療設備もプライベートのほうが整っているので、

日本人を含む外国人はこちらを利用することになる。

 

 

ちなみに俺がフィリピン移住後しばらくいたマニラの場合は、

現地在住者がつくる日本人会に医療センターが設けられている。

 

日本語が通じるので、言葉に不安なあなたは利用するといい。

 

 

 

フィリピン医療のお世話になる必要の

ない健康な体を手に入れる方法、経済的

自由になる手段を学ぶ

 

 

 

 

フィリピン医療で知っておきたいのは

 

 

フィリピンには日本のように公的な医療保険はなく、

保険に入っていなければ全額を負担する必要があること。

 

旅行の場合はクレジットカードに付帯している海外旅行保険で

まかなえばいいが、移住となると当然その期限が過ぎてしまったり

条件に合わないケースが。

 

その場合は、現地の民間の医療保険に

入るのをおすすめする。

 

日本で就職して現地に駐在する場合はもちろんのこと、

フィリピンにある日本企業で現地採用されても医療保険に

ついては多くの場合、会社が用意してくれる。

 

俺と同じ自営の場合は自分で準備する必要があるが、

これはできれば移住前の日本で済ましておきたい。

 

 

また、さっき語ったように都市部の病院のほうが安心できるので、

地方に住んでも都市まで足を伸ばしたいところ。

 

 

持病があるあなたはもちろん、よく日本で病院のお世話になり

移住後も不安な場合は、日本での健康診断書を英訳して持参

しておくと、フィリピン人医師とのやり取りがスムーズになる。

 

 

まだまだ発展途上国であるフィリピン。マラリアや

コレラという、日本ではお目にかからない感染病も。

 

ちょっとおかしいと思った場合は自己判断せず、

早めに診断を受けるようにしよう。

 

緊急の時はフィリピンの場合「117」をコール。

 

パスポートはもちろん、必ず現金やカードを持参すること。

お金を払わずにトンズラされるのを避けるために、最初に

ダウンペイメントを要求されることが多いためだ。

 

 

ちなみにこのフィリピンでは、市販の目薬を買うだけでも

医師の処方箋が必要で、簡単に手に入らない。

 

一時帰国のたびに買いだめしているのは、

何を隠そうこの俺だ(笑)。

 

 

 

フィリピン移住に失敗した挙句、

起業にも失敗したのは医療に詳しい阿久津。

 

豊かさの意味を真剣に考え抜いて国内移住

具体的には四国移住をバコンと敢行した。

 

俺と同じく太った猫が好きな彼には(笑)、

幸せになってほしい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ