現地在住者が語るフィリピンのシニガン


 

 

あなたは、代表的なフィリピン料理

シニガンを試したことはあるだろうか?

 

 

 

俺が初めてフィリピンでシニガンを食べたのは、

当時付き合っていたアーメルが彼女の実家、

パンパンガのルバオに招待してくれた時。

 

 

 

 

 

フィリピンのシニガンという食べ物

 

 

とにかく強い酸味、そして具としてはアドボと同じように

肉以外にも野菜、魚など何でも入れることができるシニガン。

 

マレーシア料理として有名なシンガンが、このシニガンに近い。

名前も似ているのでルーツは一緒なのか。

 

かなりの酸味から、日本人には好みが分かれる。

妊娠初期の妊婦さんはやみつきになりそうだが(笑)。

 

 

もともとフィリピンでは、このシニガンは首都マニラのある

ルソン島の人達が作り始めたもの。俺がいるセブやミンダナオでは、

ジンジャーが加わったテイストになるのが特徴。

 

野菜の少ないフィリピン料理の中でも、一度に多くの種類の

野菜が摂れるため、お世辞にも健康的ではないフィリピン料理の中では

ヘルシーなメニューだ。

 

 

 

フィリピンという南国でハロハロやアドボ、

シニガンなど美味しい料理をいつでも楽しむ。

時間とお金と場所の自由を手に入れる方法とは?

 

 

 

 

フィリピン風シニガンの作り方

 

 

シニガンの材料は日本でも全て手に入るので、

家庭で簡単に作ることができる。

 

あなたが日本にいるなら、特に冬の間

体を温めるのにいいだろう。

 

 

シニガンの材料は、例えば4人家族なら

 

玉ねぎ・大根1/4ずつ、トマト2個、豚バラまたはスペアリブ280g、

オクラ・ししとう5個ずつ、ナス1本、レモン1個。

 

調味料としてはナンプラー(ダメなあなたは避けてもいいが)、

そして塩コショウだ。

 

 

豚肉・トマト・玉ねぎと4杯の水を火にかけ、

次に大根と塩コショウ、ナスとオクラ、ししとうをぶち込む。

 

最後にナンプラーとレモン汁で終了。

フィリピン料理なので大ざっぱでいい(笑)。

 

もしフィリピンにいるなら、

レモン汁ではなくタマリンドを使うとベター。

 

 

ちなみに蛇足だが、もっと日本人好みで

日本にある食材で簡単に作れるのがアドボ。

 

俺はポークがお気に入りだが、これは本当に美味なので

是非トライしてほしい。

 

 

 

フィリピンやバンコクのゴーゴーバー、特に

バンコクのナナプラザが好きなのはアイルランド文化

シニガンに詳しい仲間の溝口さん。

 

俺と同じガチャピン好きだったことは昨日知った(笑)。

 

以前彼が作ったシニガンを食べたが、

スープというよりもシチュー感覚。

 

特に腹が減りすぎておなかと背中の皮がくっつきそうな

時だったので、本当に頬が落ちそうだったのを

今も鮮明に記憶している(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ