デンマークのデザインの魅力とは


 

 

ロイヤルコペンハーゲンで有名な

デンマークのデザイン。

 

具体的にどこが優れているか、あなたはご存じだろうか?

 

 

 

 

 

デンマークのデザインの魅力

 

 

デンマークの建物や家具、雑貨などは「洗練されたデザイン」

という一言で片づけられることが多いが・・・

 

まずデンマークの物づくりや設計について言えるのは、

素材に対してしっかり向き合い、それに最適のデザインを

施しているということ。

 

やはりその、素材の特性をしっかりつかんでいる。

 

 

デンマークの家具などによくあるこじんまりした作りは、日本の

狭い住宅にも適しそうな部分が多くあり、特に日本人が心地良さを

感じるデザイン。

 

ささいなところにも手を抜かない繊細さ。

 

どことなくほのぼのとした印象。それでいて、

細部の機能性にも気配りがされているなど。

 

個人的には、あのウッドの温かみを活かしたイスが好き。

 

 

そもそも日本がどうしてもイケていないと感じてしまうのは(笑)

街並みもそうだが、何しろ日用品に対してスタイリッシュさ

がないところ。

 

日本の日用品といえばけばけばしい外装で、家の中に

どうしても溶け込まない。

 

その点欧米、特にデンマークのデザインはシャレている。

自然に日用品でも「大事にしたい」という気持ちになってくる。

 

 

ちなみにデンマークの有名なデザイナー、ヤコブセンがつくった

ホテルには、彼のデザインした物で埋め尽くされたスイートルーム

がそのまま残っている。

 

一晩滞在するだけでも、そのマインドとセンスが体に染み渡る気が

してならない(笑)。デンマークに住んでいたフィリピーナの

マリクリスは、パントンのデザインのほうが好きだと言っていたが。

 

 

そしてデンマークで独特のデザインの料理を楽しみたければ、

レストラン「ノーマ」に行ってみるといい。

 

 

 

経済的・時間的・場所的自由を得て

海外に移住する方法とは

 

 

 

 

デザイン以外のデンマークの魅力

 

 

周りの人のことを思いやる、デンマーク人の温かい国民性。

これは「世界一の幸福度」というランキングに表れている。

 

もし移住となれば、現地の充実した数多くの無料の福祉サービスを

受けることが可能。住みやすさは間違いなく日本以上だ(笑)。

 

 

デザインが優れたデンマークの街はもちろん、美しい教会や

お城も見どころの一つ。美しい自然も堪能できる。

 

デニッシュに代表されるように、日本人の味覚にも合う現地の食事。

何しろ俺が子供の頃大好きだったレゴ、その発祥の地がここ。

いまだに日本でも、レゴには大人のファンも多い。

 

 

 

自分らしさって、例えば?」目を丸くしてそんなことを義男が

聞いてきたのは、フィリピンから一時帰国した時の新宿タイムズ

スクエアのカフェ。

 

財政破綻しそうな日本におびえ才能の見つけ方に悩む彼は、

白人の彼女をつくって人からどう思われているか気にしない

自分を見つけた。

 

そんな彼もデンマークに魅せられ、

現地に移住できる方法を模索している。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. シルビアン より:

    デンマークといえば、アルネ・ヤコブセン。
    あのスタイリッシュな椅子はずっとあこがれでした。
    昨年手にいれて、大事に使ってます。
    ヤコブセンのおかげで、デンマークはスタイリッシュな国というイメージが強いですね。

  2. yabuttti より:

    デザインがクールですよねやっぱりデンマークって言うとヨーロッパの中でもやっぱり魅力ある国ですもんねやっぱりひと味違うというイメージですここに書いてあるように本当に洗練されていますよねやっぱり人が洗練されているのも町のデザインとかそういうの関係しますよねやっぱり色々見ていると町とデザインて繋がっていると思いますいろんな建物もそうですとって言うのはやっぱり人柄というに自分は考えています魅力あって面白い

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ