国際結婚の問題点と解決法


 

 

あなたは今まで、国際結婚を真剣に

考えたことがあるだろうか?

 

 

 

ちなみに国際結婚は思春期、地元のヤマ中に

通っていた頃の俺の最大の関心事だった(笑)。

 

 

 

 

 

国際結婚の問題点

 

 

何をおいても国際結婚は、お互いの育った環境が違うことで

想像もできないほど、日本人と考え方や価値観が異なる点。

 

あなたにキャパシティがないと、

国際結婚後の生活は早晩破綻する。

 

 

そしてやっぱり、言葉の違い。

 

結婚相手が日本語を理解しているとしても、細かいニュアンスが

伝わっていなかったりするのは個人間の国際問題(笑)。

 

 

結婚後、距離的にどこに住むかにもよるが・・・少なくとも

日本国内よりもあなたの家族と会える頻度が減ってしまうのも

問題の一つ。ちょっとした里帰りにも国際的な移動が必要に。

 

 

当然だが、そもそも国を超えた結婚には手続きの煩雑さがつきまとう。

俺も苦手な大使館とのやりとりもあり(笑)、時に国際専門家の

力を借りる必要が出てくる。

 

手続きという点では、子供が生まれた後に

国籍の問題など様々なハードルも。

 

プラス日本語と相手の言葉のどちらを母国語にするのか、

どういった環境で育てるのかなど様々な選択肢が生じる。

 

現地での差別なども含め、子供にとってどこに住むのが

最も良いのか頭を悩ませるところだ。

 

 

個人的にいつも胸にあるのは、海外に住む場合、親の老後

彼らに介護が必要になった時にどうするかということ。

 

俺の場合、今住んでいるセブに受け入れ体制をつくっている

ところではあるが・・・ほとんどの日本人海外移住者がやはり

気にかけているところだろう。

 

 

 

国際結婚して海外移住しても不安のない

時間的・経済的自由を手に入れる方法

 

 

 

 

国際結婚の問題の解決法

 

 

語ってきたような結婚の様々な問題点をお互いの努力なしに放置

するなら、日本人男性で70パーセント、日本人女性で50パーセント

という、高い国際離婚率が示す結果そのものとなってしまう。

 

 

まずは「そもそも違うんだから当たり前」という原点に立ち戻り、

相手に対し寛大になる努力をする。

 

身近に国際結婚している先輩カップルがいれば、

彼らと是非コミュニケーションを増やしてみよう。

 

まだ未婚なものの・・・自分の考えが狭かったことに

気づいた経験は俺自身何度もしている(笑)。

 

 

そして相手に日本語の改善を期待せず、こちらが積極的に

相手の言語をどんどん覚えていくこと。そして少しでも

それを相手との会話や日常生活で使ってみること。

 

幸い昨今はたくさんの日本人が海外で生活しているので、

オンラインで無料の情報を得ることができる。

 

Google先生を活かして、特に手続き面や子育ての仕方などは

先人の知恵を借りることを続けていきたい。

 

 

 

結婚とお金と幸せに思考をめぐらし、やりたいことが

見つからないとよくぼやいていた早大サークル時代の

友人がんちゃん。

 

国際化・グローバル化の影響を考え海外移住して仕事

得ることを考えていた彼は、結局起業して成功することを

目指すようになった。

 

相変わらずのソフトクリーム好きは俺と同じか?(笑)

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは8件です

  1. kibou より:

    国際結婚に限らずお互いを尊重し受け入れるのは共通だと思うけど、確かにその幅は広がるように思います。
    離婚せずに憧れの国際結婚ができたら良いなぁ。

  2. makostyle より:

    私自身外国人とお付き合いしたり結婚したいという願望はあっても、真剣に検討したことはありません。しかし身近に数組の国際結婚をした人がいます。一組はご主人がイギリス人で日本で暮らしていましたが、結局日本での生活に馴染めず、一人母国に帰っていきました。難しいものですね。

  3. ななママ より:

    いとこがイギリス人と国際結婚してますー。
    価値観の違いなどいろいろあるけど、どちらかに合わせるのではなく
    ちょうどいい落とし所をみつけて、なんとかやってるそうです。

  4. えらこ より:

    国際結婚に憧れていました面白いもんですね日本人がいいと思うよになったんですいました白山ですねからもしまいましたまだ変わってしまいましたしばらく遠ざかっていたものがブログこうした情報によってまだよみがえってきました人というのは影響受けるもんですそしてばっちりとここでもウェイトを受けてしまいましたドカンと自分の中に入りましたまだ外国人を探そうにしてみます身近にあまりないんですねインド人がいたと思いますでもやっぱり見た目がだいぶ違うので国際でこないでとしてイメージができないですねどういう自分に合ってるのかよくわからないがとにかく周りをまず見てみたいと思います自分に合ってる人が必ずいると信じています興味の対象がどんな広がってきたように思います面白いもんです

  5. みさ より:

    若い頃はアメリカ人とのハーフの子供が欲しいとか言ってたな(笑)
    素敵な方に出会ったとしても
    実際国際結婚にはなかなか私は踏み出せないだろうなぁ~

  6. かおるママ より:

    国際結婚は個人的な問題が多々ありそうですね。言語はお互いが努力すれば2ヶ国語話せるようになるとしても、育ってきた環境があまりにも違いすぎるので、価値観の問題が一番の課題のように思えます。お互いが寛大になり、お互いの国のいい所を取り入れて生活していければ上手くいくんでしょうけど、そこにたどり着くまでが大変ですね。子供や自分達の両親の問題等、グータラな私には想像絶してしまう問題だらけです(笑)先輩夫婦にアドバイスをもらうことは大切なことですね!1人で抱え込むことがないようにしてもらいたいものです。。。

  7. しおばなはるの より:

    寛大な努力か。昔、バイトの先輩が国際結婚していた。その人の奥さんが一番使っていた日本語が、車に乗っている時に「かませ!」という言葉だったらしい。それに笑っていた先輩はとても寛大だったのだろうな、と今更ながらに思いました。

  8. せるりあん より:

    若い頃はみんな国際結婚に憧れますねー。
    私もそうでした。ハーフだったら子どももかわいいだろうな~なんて思って。
    でもチャンスも勇気もなく今に至って、ハーフじゃなくても子どもはかわいいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ