マレーシアとシンガポールの知られざる違い


 

 

「シンガポールとマレーシアって

どう違うんですかね?

 

どちらも行ってみたいんですが・・・」

 

 

 

情報不足感満載の発言をしてきたのは(笑)

いまだに毛呂山にいるテツ。

 

 

 

 

 

マレーシアとシンガポールの違い

 

 

マレーシアもシンガポールも、日本人に人気の

旅行先であることには変わりないが・・・

 

もともとはその一部だったシンガポールのほうが、

今ではマレーシア以上に発展を遂げているのはご存じの通り。

 

やはりシンガポールのような小さな国では、

柔軟に政策やインフラの整備を進めていける。

 

 

そして今や、世界トップレベルの生活費の高さになった

シンガポール。当然、マレーシアよりも住むためのコストが上がる。

 

川を挟んだジョホールバルとシンガポールでの

家賃の違いを見れば、それは明らかだ。

 

 

長期滞在という面でも、シンガポールのほうが

ビザの条件が厳しく、敷居はかなり高くなっている。

 

今は日本人でも、億単位のお金を動かせる富裕層しか

移住できないほど。

 

生活費を抑えてのんびり過ごすなら、マレーシアのほうが

移住に向いている。もちろん場所を選ぶ必要はあるが。

 

 

インターネットの速さや交通の便利さ、治安や

人々のマナーもシンガポールのほうが上。

 

またイスラム教の国マレーシアよりも文化的に、

シンガポールに日本人が馴染みやすいのは確か。

 

 

一方では、ゴルフといったスポーツやダイビングなど

マリンスポーツを楽しむためのリゾートは、マレーシア

のほうが充実している。

 

シンガポールは新しい国であり国土も小さいため、

ここは致し方ないところ。

 

 

ただビジネスや投資面については、

やはりシンガポールが勝っている印象。

 

 

 

シンガポールで都会を楽しみ、

フィリピンやマレーシアの

ビーチリゾートを満喫。南国で

のんびり暮らしても収入が途絶えない理由とは?

 

 

 

 

マレーシアとシンガポールの共通点

 

 

シンガポールはマレーシアから独立した国であり、

もともとは同じ一つの国なので共通点は多い。

 

例えば、英語が比較的通じやすいというところ。

食べ物や文化にも似ている部分がある。

 

南国の過ごしやすい気候もそうだし、

東南アジアの中でも開発が進んでいる国であること。

 

 

クアラルンプールやジョホールバルといった場所から

シンガポールへの移動もしやすく、利便性が配慮されている。

 

 

 

シンガポールとベトナムに移住した後は、

再びマレーシアのジョホールバルに移住した

俺と同じガチャピン好きの福原。

 

彼はマイアミへの行き方キューバへの行き方を始め、

ダバオへの行き方など各地への効率的なアクセス法を心得ている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. こう より:

    シンガポールに移住となると敷居が高いんですね。シンガポールとマレーシア、それぞれの良さがあってどちらが良いか悩みますが一度行ってみたいのはシンガポールかなぁ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ