シンガポールでのキャッシングについて東南アジア在住者が語る


 

 

シンガポールでキャッシングを

利用したいと思ったことは?

 

 

 

何しろ日本と同じ最強のパスポートを発行し、

アジアの優等生と言い切れるシンガポール。

キャッシングについても特段困らないのはご想像の通り。

 

 

 

 

 

シンガポールでのキャッシング事情

 

 

海外ではやはり、両替所で高い手数料を払って現地通貨を

手にするよりも、ATMでのキャッシングが便利。

 

足りなくなったら現地の至る所にあるATMで

いつでもお金を補充できるがいいし、特にこの

フィリピンでよくあるような紙幣の抜き取りの心配もない(笑)。

 

 

初めて俺がシンガポールでキャッシングを利用したのは、

チャンギ空港の中にあるDBSのATMの一つ。

 

使い方は他の国と同じで、withdrawを選んだ後に

creditを選択すればいいだけ。

 

 

この進んだシンガポールでも気をつけたいのは、

操作後にカードが出てきたらすぐに受け取ること。

 

ここでモタモタしていると、吸い込まれて

二度と出てこないことがこの国でも起きる。

 

 

 

シンガポールやマレーシア、フィリピンに

住みながらキャッシングに頼ることなく

安定収入を得て南国生活をする具体的な方法

 

 

 

 

シンガポールでキャッシングするなら覚えておきたいのは

 

 

この国でレートがいいのはmasterカードで、世界シェアナンバーワンの

VISAや日本シェアナンバーワンのJCBよりもお得なのが意外だった。

 

そしてシンガポールをよく訪れる仲間に好評なのが

セディナカード、次にSBIゴールド。

 

 

ちなみに、基本的にAmexの通常のカードでは

海外でキャッシングすることはできない。

 

カードを持つ時の審査が甘い半面、取り立てが

やたら厳しかったりするので全く良い印象がなく、

もともとAmexは遠ざけているが(笑)。

 

 

ところで最近知って驚いたのが・・・

 

クレジットカードによっては、キャッシングした時に

自動的にリボ払いになってしまうという事実。

 

リボ払いは周知の通り、どれだけ借りても毎月の返済を

一定額に固定できる契約。一見便利に思えるものの、

結果的に利子が大変なことになる。

 

海外で焦ってキャッシングをして後で困らないよう、

事前にちゃんとカードの内容を確認しておきたい。

 

 

 

シンガポールの後はフィリピンに移住し、海外で暮らすという夢を

ガツンと実現した元キャッシング会社勤務の仁治。

 

世界で活躍する日本人を目指してパラダイムシフトの例を重ねる彼は、

個性心理学診断では俺と同じ「統率力のあるライオン」。

 

内面は甘ったれだったりする(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ