現地在住者が語る、おすすめの東南アジア留学先


 

 

「東南アジア留学で英語って

マスターできるもんですかね?」

 

 

 

特に海外のことは何かにつけ、

いろいろ相談してきてくれる刈込さん。

 

今回は東南アジア留学に踏み切り、

英語を本格的に学びたいということだった。

 

 

 

 

 

増え続ける東南アジア留学

 

 

何しろ日本から近く、予算も時間もかからないこと、

物価と人件費が安いこと、気候的には南国で過ごしやすいこと、

人口が増え経済が伸びていて活気があることなど・・・

 

挙げれば様々な魅力がある、この東南アジア。

若い世代を中心に、ここを留学先に選ぶ日本人が

増えている。

 

 

ただ刈込さんも不安として挙げていたが、

東南アジアの人が話す英語で大丈夫かという懸念。

 

そもそも、この地球上に

ネイティブとして英語を話す人は少ない。

 

一方でこの東南アジアは、これから世界の中心になっていく場所。

留学を通してアジアンイングリッシュに慣れるというのは、

むしろ将来的にプラスになるといえる。

 

 

ちなみにシンガポールやタイ、マレーシアや

インドネシアに留学という選択肢もあるが・・・

 

現地で日本人が過ごしやすいというだけであり、

英語圏とはいえないので個人的にはおすすめしていない。

 

特にマレーシアやインドネシアはイスラム圏でもあり、

日本との文化の違いも大きい。

 

 

 

東南アジア留学で気に入った国に、

そのまま移住。場所を問わない

権利的収入を得る方法とは?

 

 

 

 

おすすめの東南アジア留学先

 

 

実際に住んでいる人間としては、

フィリピンへの留学をおすすめしたい。

 

 

何しろ「スパルタ」という有名なメソッドで、

マンツーマンのレッスンを豊富に受けられること。

これも安い人件費のおかげだ。

 

アメリカの植民地だったこともあり、綺麗なアメリカ英語を

話す人が多いフィリピン人。意外なことにこの国は、世界第3の

英語国だったりする。

 

フィリピンには親日の人が多く、

フレンドリーな現地人と楽しく学ぶことができる。

 

 

留学生活においても、物価・人件費の安さを

享受できるのもいい。セブならリゾートを楽しめたり、

マニラでは様々な娯楽を満喫できたり。

 

ただ、海外にいるとその生活自体が楽しくなるため、

語学の勉強にストイックになることを忘れ

遊びに走りがちになるので気をつけたい(笑)。

 

 

さらには様々な国から留学生が来ているため、

国際感覚を身につけられる。

 

ただし、セブやマニラには日本人留学生も増えてきているので、

短期間で英会話をマスターしようと思ったら、日本語を話さない

環境を意識してつくる工夫が必要になってくる。

 

 

 

東南アジアの人気国タイに滞在し、良い口癖素質論

インド哲学さらには「お金のセルフイメージをガツンと

上げる方法」まで留学中にマスターしようとする長峰。

 

何とも欲張りな彼は、

マザコンという点で俺と共通だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. makostyle より:

    特にえいごが堪能という事もありませんが、まだ英語なら多少は理解できるという事でフィリピンは安心感があります。またイスラム教に特に抵抗を感じていることもないですが、どちらかというとフィリピンのキリスト教の方が馴染みがありますね!

  2. ごめす より:

    いいですね東南アジア留学かなり興味あります 実際自分の場合はオーストラリアに行こうと思っていたんですがもっと近くでもっと安く長くいられないかと色々考えていました そして色々調べていくとやはり人件費の安い東南アジアの場合はマンツーマンでがっつり授業を受けることができるんですよね お金も使わずにガンガン勉強したいという自分の方向性からするとやっぱりこっちの方が向いている気がします長い間マンツーマンで受けていくネイティブじゃなくても自分の場合はいいんですやっぱり確信が出ました情報ありがとうございます

  3. しおばなはるの より:

    私の知り合いでフィリピンに留学いくのはアリかもしれないよ、っと言ってた人を思い出した。その人はオーストラリアに留学行っていましたが(笑)でも留学先としてはやっぱりいいところなんですね。

  4. えみえみ より:

    リゾートのイメージのあるフィリピンに語学留学に行ったら、
    ビーチに遊びに来た感覚になってしまって、勉強がおろそかになる事はありえますね。
    私はそうなる自信あります。笑

  5. あめこ より:

    セブ留学は多くの友人がしてました。ただ現地で日本人ばっかりとつるんでビーチに行っていたので、英語はほとんど上達しなかったって言ってましたね。自分で意識して学ぶ環境をつくることはどこにいても大切ですね。

  6. キタローン より:

    東南アジアへの留学は憧れます。気候も良いし、ビーチはきれいだし、勉強以外に時間を取られて語学は上達しないかもしれませんが・・・笑

  7. 今日子 より:

    NHKのドラマ形式の英会話番組でも
    舞台を東南アジアにしていました。
    どうしてかなと思ったら
    今の日本では、東南アジアへの渡航が
    とても多く、東南アジアなまりの英語を
    理解する事がとても役に立つからだそうでした。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ