浮気する人の心理ってどんなもの?


 

「浮気された側の心理」・・・浮気する人の気持ちよりも

こっちのほうが分かる俺(笑)。

 

 

 

3年半付き合ったまちこちゃん。彼女が独りで暮らす平和台の

ライオンズマンションに入った時、彼女と知らない男が裸で

抱き合っていた。

 

まるでコメディか昼ドラのような展開(笑)。

 

 

 

 

 

浮気する人の心理

 

 

日本人はほとんどが対人恐怖症といわれるが、宗教観のなさからか

神を信じている人が少なく、バレなければ大丈夫、何をしてもいいと

いう人も意外といる。

 

浮気の心理もこれに根づいているのは、容易に理解できる。

 

一方で俺の周りにいる多くのフィリピン人の友達、欧米人の仲間が

そうであるように、彼らは「対神恐怖症」。

 

他人が見ていないところでも「神が見ている」と考えるので、

それが倫理観の保持や犯罪の抑止になっている。もちろん海外にも

いろんな人がいるのは確かだが(笑)。

 

 

そして浮気をする心理は、男女で違うとよくいわれる。

 

男性は心理というよりも本能的に、さまざまな個体に種を残したい。

女性は、寂しさや心に空いた穴を埋めたいという心理的なものから

浮気に走るケースが多い。

 

「魔が差した」「相手の誘惑に勝てなかった」という言い訳も

あるが・・・やはり心のどこかにパートナーで埋められない穴だったり

不満や不安があったりと、何か欠けたものがある状態がその行為に

つながっている。

 

 

ちなみに「浮気されやすい人」というのもいる。

まさに過去の俺が心理的にそうだったように(笑)。

 

よくあるのが、自分の意見を言えなかったり、相手にとって

都合のいい人になっている場合。

 

どちらか一方にとって、恋愛が生活の中心になり恋愛依存に

なっている場合、お互い本音でコミュニケーションができて

いない場合なども浮気の心理につながる。

 

 

 

浮気の心理など気にしないで

いられるほど突き抜ける。

時間的・経済的に自由になるには?

 

 

 

 

浮気の心理と行動。それを見抜く方法

 

 

当然ながら、あなたが本気でお金をかけられるならプロに依頼する。

ただし友達のナオさんのやっているガルもそうだが、日本の探偵料

はべらぼうに高い。

 

あなた自身で浮気を見抜こうとするなら、相手の心理や具体的な

やり取りを知るためにスマホやタブレット、パソコンなどの履歴を

見るのが早いが・・・やはりお互いに気分の悪い方法。

 

また勝手にパスワードを借用するとなると、俺の元奥さんのように

法律に抵触する場合もある(笑)。

 

 

まずはもともと相手が持っているパートナーシップや浮気に関する

考え方を知っておき、その心理を理解しておくことが大切。

 

普段のコミュニケーションや仲間との会話、相手の日常の交友関係

も知っておくといい。やはり誘惑につながる良くない仲間がいたり

するのが事実なので(笑)。

 

また浮気の兆候として、相手の態度が急に明るくなったり無意味に

テンションが高かったり、服装や持ち物の趣味が変わったりなど

心理や行動に変化があった時は怪しい。

 

 

 

恋愛したフィリピーナに浮気され、将来に不安になり幸せ恐怖症も

克服できなくなった地元、和光の和樹。人の悪口を言わない優秀な

人材の特徴を持つ彼とは、海外のような非日常が大好きという点で

意見が一致する。

 

そんな和樹がビシッと心理的に

自立できるのはいつなのか・・・

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. ぴより より:

    浮気は怖いですね。誠実な人程、相手に浮気されるような気がします。変ですよね。私は誠実ではない人が大嫌いです。浮気されたら出て行ってもらいます。馬鹿にしないで欲しいですよね。

  2. cocot より:

    毎日殆どコミュニケーションがとれないと私は寂しくなります。
    それが他で発散出来ると浮気に発展するんですかね。
    その辺は良くわかりませんが、私自身は浮気も本気も許せない方なので…

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ