現地在住者が語るフィリピンでのコンドミニアム購入


 

 

初めてフィリピンでコンドミニアムを購入したのは、

あの大好きなパングラオ島だった。

 

 

 

 

 

フィリピンでコンドミニアムを購入した経験

 

 

俺の場合は移住仲間、そして信頼できる

オンラインビジネスの先輩から情報をもらい

現地視察を何度も繰り返した結果・・・

 

これから観光地熱が上がっていくフィリピンのボホール島、

パングラオアイランドのリゾートホテル物件に投資することにした。

 

 

コンドミニアムと言っても、正確には

リゾートホテルの中の2階建てコテージ。

 

それでもコンドミニアムと同じ建築基準を満たし、

土地の所有権まで得られるスキームになっている。

 

ここに投資することにしたのは、アロナビーチと言う

公共ながら欧米人に人気の綺麗なビーチの目の前という

ロケーション。場所がいいので空き室リスクが少ないことだ。

 

いわゆるイグジット、売却の方法も明確になっていて

キャピタルゲインを得る道が開かれていること。

 

さらに、新しい国際空港によって

これから観光客の需要が広がることなど

様々な理由がある。

 

 

 

フィリピンでコンドミニアムを適切に

運用していくための外せないポイント、

仮想通貨など購入しなくても構築できる

オンライン上の資産とは?

 

 

 

 

フィリピンでコンドミニアムを購入するなら知っておきたいのは

 

 

とにかく業者選びを間違えないこと。

 

今でもフィリピンの不動産価格が上がり続けるかのごとく

日本人を口説く業者がいるが、ここは冷静になって考えたい。

 

フィリピンでまだまだ可能性のある場所というのは、

実際もうほとんどない。物件のあるロケーションを間違えると

フィリピンでも空き室リスクばかりに。

 

結局、多くの外国人やフィリピン人富裕層がやっているように

Airbnbのような民泊で単発の賃貸をするほかなくなってしまう。

 

 

また、水回りなどの手抜き工事にも気をつける。

 

いい加減な業者がプレビルドで建設に関わるよりも、

個人的にはしっかり現地視察できる中古物件のほうが

まだ信頼できると考える。

 

 

ドバイにいるフィリピン人海外就労者のアデルは

セブ島のミングラニーラに大枚はたいて一戸建てを購入したが、

早くもそれが欠陥住宅だったことが判明。

 

フィリピンという国は、物づくりがとにかく

いい加減で無責任(笑)。不動産のような

大きな物を買う時には特に慎重になりたい。

 

 

ちなみにフィリピンの場合、不動産を購入するために

ノンリコース、つまり途中から払えなくなった場合

不動産を手放すだけで良いのは日本との違い。

 

 

 

好きだったアンヘレスの夜遊びを諦めタイ人と結婚したのは、

ハネムーン先からおすすめポイントを教えてくれた井ノ頭。

 

俺と同じく恋愛で告白するのが苦手だった彼。

今は右脳を鍛えるのがやたら得意だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ