現地在住者が語る「フィリピン人との会話」


 

「じゃあ、フィリピン人との会話は

ジェスチャーでもOKですか?」

 

 

 

英語を一ミリも覚えようという気がない(笑)、

元バイト仲間の要くん。

 

「フィリピン人は全員、簡単な日本語がしゃべれる」

という謎の思い込み(笑)。

 

 

 

 

 

基本的なフィリピン人との会話

 

 

日本から最も近い英語圏であり、グローバルでも第3の英語圏である

フィリピン。外国人との基本的な会話は当然、英語になる。

 

そしてフィリピン好きの日本人にありがたいのが、アジアの

どの国の人よりも現地人が綺麗な英語を話すということ。ビジネス英語で

ネイティブのアメリカを抜いて1位になったこともあるから驚く。

 

俺がいるセブや、かつていたマニラのマカティにも

海外向けのコールセンターがたくさんあるのは納得。

 

 

ただ面白いのが、フィリピンの英語はタガログ語と混じった

タガリッシュと呼ばれるもの。もちろんビサヤなど別の地域では、

その場所の方言が会話の中で英語とミックスされる。

 

タガログ語で話しているのを聞いていても英単語が

ちょくちょく入るし、数字はそのまま英語で言っている人も多い。

 

東京外語大からフィリピン大学に交換留学で来ていて

タガログ語を学んでいた順君も、「会話や授業を通して

英語を同時に学べるのがいい」と話していた。

 

 

ちなみにフィリピン人は自分のことを話すのが

とにかく大好き(笑)。会話の中では、日本人相手以上に

聞き上手に徹してあげるとあなたに好感を持ってくれる。

 

 

 

フィリピン人との楽しい会話のコツ、

場所を問わない安定収入の構築法を学ぶ

 

 

 

 

フィリピン人との会話で使える現地語

 

 

ここでは標準のタガログの例を。

 

 

「何?」と聞き返す時に「アノ?」、

「本当に?」と確認する時に「タラガ?」「トトォ」。

 

女の子を褒める時に便利な「マガンダ」、

お礼の際に使う「サラマッ」、逆に

「どういたしまして」で「ワラングアニュマン」。

 

「なぜ?」と聞き返す時に「バケッ」。

 

 

もちろんフィリピン初心者のあなたが現地で

ジープニー(乗り合いバス)に乗ることはないだろうが・・・

 

運転席が遠く人にお金を回してもらう時「バヤポ」、

降りるときに「パラ」。

 

 

その他「おいしい」は「サラップ」、「痛い!」は「アライ」など

使える言葉があるのだが、あまり自然に使っているとタガログ語を

話せる日本人と誤解されて後々面倒(笑)。

 

こうしたちょっとしたフレーズで現地人を笑顔にできれば、

それで十分。他の基本的な会話は英語ですればいい。

 

 

 

フィリピン雑貨フィリピンチョコレートに目がないのは、

EQ英会話の評判を教えてくれた元マレーシア駐在員の一之瀬。

俺と同様に元会話下手出身の彼も、セブシティでの南国生活を満喫している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ