ボニファシオ(マニラ)の問題点とは?


 

 

新たな開発が進む、マニラのボニファシオ。
あなたはどれくらいご存じだろうか?

 

 

 

ここに初めて来て驚いたのは・・・

 

俺の実家からそれほど遠くない川口に滞在したことがあり、

少しだけ日本語が分かるcecilleが連れて来てくれた時だった。

 

 

 

 

 

マニラのボニファシオの問題点

 

 

モテ仲間が目指す、オンラインビジネスでの日本円による

安定収入の獲得・・・その上でフィリピンのような新興国に

移住し、南国での快適な生活を送りながら生活費を低減。

 

しかし、このボニファシオのような街に住んで

ここにべったり張り付き、マニラ生活の拠点にする

という限りでは、この理想の実現がなかなか難しい。

 

というのも、ボニファシオでは物価と人件費が高く

トータルの生活費が日本以上になることも。

 

 

同じ東南アジアの綺麗かつ安全な国シンガポールも

日本人が住みたがるが、生活費は高め。

 

それでもシンガポールの場合、ホーカーセンター(屋台)などを

利用することで食費を下げたりシェアルームで家賃を節約できるが、

逆にボニファシオではこうした選択肢がそれほど広くない。

 

フィリピンで通信会社を経営するルイーズが住んでいる

部屋が家賃約220,000円と聞いて、顎が落ちそうになった(笑)。

 

 

一方で東南アジアの雑多な雰囲気、フィリピンらしさを

求める人には「ただ新しく便利なだけで退屈」という声も。

 

 

 

ボニファシオやマカティなど、

フィリピンのイメージを覆す安全な

マニラの地域で快適な暮らし。

場所を問わない収入の構築法とは?

 

 

 

 

それでもあるマニラのボニファシオの魅力

 

 

欧米人やルイーズのようなお金持ちのフィリピン人を始め

いわゆる富裕層が住んでいるだけに、政府も治安に力を入れている。

 

やはり汚い街は嫌だ、軽犯罪とはいえ治安について不安がある、

現地人の中に溶け込みたくない・・・そういった心配も、この

ボニファシオでは無用。

 

 

何といってもこのボニファシオグローバルシティは利便性を

兼ね備え、歩きやすくて綺麗な街。おしゃれなカフェや

レストランもあちこちにある。

 

敷地の中でジョギングしている人がいるほどで、

ここがマニラであることを忘れる(笑)。

 

銀行や病院、ショッピングモールといった生活に必要な

施設はもちろん、ゴルフ場まで兼ね備えている。

 

この街だけで全てが完結するので、マカティとともに

特に年配の移住者に向いているといえる。

 

 

 

フィリピンのタガイタイが好きでマニラのボニファシオに住み、

現地によく通っているモテ仲間の木村さん。

 

女性の髪をいたわる温泉をセブで事業として始めた

俺と同じ元神経質の彼は(笑)、なぜか今カリマンタン島にいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. だけし より:

    ボニファシオグローバルシティという場所にはいったことがないですね。まだマニラに行くことがありそうではありますが。ちょっと視点を変えてみます。>利益率も90%を超えるのが普通なので、
    たくさん売りまくる必要などない。
    そもそも、価値のないものを
    無理やり売り込むというストレスがない。
    個人メディアはまさにこのニュースレターのように(笑)
    あなたの言いたい放題の情報に共感してくれる人だけが
    自然に残るので、価値観の近い人のコミュニティが生まれる。
    リアルでの付き合いまで望むなら
    イベントやお茶会を企画してもいいし、
    まさに奈良の五味さんのように、
    長年の人間関係に疲れたならリハビリのために
    半分引きこもり、彼女さんとしか
    人付き合いしないのも自由。
    全てはあなたが自由に選べる。

  2. つばき より:

    ボニファシオかあ、ザ・富裕層ならいいですねー!
    今流行りの仮想通貨でおくりびとになれたら一週間ぐらい豪遊できるだろうなあ(笑)

  3. キタローン より:

    ボニファシオで住むと日本と同じくらいコストが掛かってしまうんですね。やっぱりフィリピンと言えど、安心できる場所を求めるとそれ位は覚悟しないといけないと分かりました。

  4. kinz より:

    フィリピンの中にも物価の高いところはかなり高額ですね!
    住み良いところでそれなりの生活をしようと思うと当たり前のことかもしれませんが笑
    それでも魅力的に感じてしまいます笑

  5. KR より:

    ボニファシオ、快適に過ごせそうですね!

    やはり移住となると治安や利便性はとても重要ですもんね。

    異国情緒溢れる生活は期待できなさそうですが(笑)

  6. ありりん より:

    物価と人件費が日本より高くなることがあるというのには驚きです。

    しかし、移住となるとやはり安全なところを求めるのは誰しも同じでしょうし、安全に越したことはありませんね。

  7. やすひろ より:

    ボニファシオと言うのは初めて知りましたが、日本より物価ぎ高かったりするのにも驚きました。偏見と言えば偏見なんですけど。でも魅力的なんだろうなー。

  8. ゆき より:

    フィリピンのボニファシオという場所では物価も人件費が高も高いんですね。フィリピンはどこでも物価が安いと勝手に思い込んでいたので気をつけたいです。

  9. ひかり より:

    フィリピンの中でも
    色々な場所があり
    物価も全然変わってくるのですね!
    しっかり下調べをしていかないと
    いけないと思いました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ