フィリピンのアイランドホッピングの魅力とは?


 

 

アイランドホッピング・・・

 

 

同じ島国でありながら、

日本では馴染みのないアクティビティ。

 

これが最高だと知ったのは、埼玉の和光から

このフィリピンに下見なしで移住してきてから。

 

 

 

 

 

アイランドホッピングの魅力

 

 

アイランドホッピングはその名の通り、メインの島から

ボートでその周辺にある小さな離島に行き、そこで

フリーダイビングやバーベキューを楽しむという遊び方。

 

何しろ、どこに行っても透明度の高い綺麗な海と

美しい砂浜、豊かな自然が多く残されているこの国。

 

 

フィリピンでは人件費と物価が東南アジアの中でも特に安いので、

このアイランドホッピングもリーズナブルに楽しめる。

 

例えば5,6人で船を貸し切れば、

1人1,000円程度で半日遊べる安さ。

 

パングラオアイランドでもそうだったが、こうしたアクティビティ

では現地の人達がもともと持っているホスピタリティを余すところ

なく発揮してくれる。ホッピングが病みつきになるのは自然(笑)。

 

スキューバダイバーのナオは、潜る以外の全てをフィリピン人

スタッフにやってもらえてお姫様気分だと笑っていた。

 

 

観光地化した大きな島にはない魅力・・・例えば珍しい熱帯魚が

見れたりウミガメに会えたり、人の少ない綺麗な砂浜があったり

など、アイランドホッピングの魅力は数え切れない。

 

非日常が大好きな俺にとっても

たまらないアクティビティの一つだ。

 

 

参加方法としては、ツアーで行くなら日本の旅行代理店に、

また現地のダイビングショップに申し込むこともできる。

 

当然後者のほうが安く済むが、外国人相手にぼったくろうと

する輩もいるので気をつけたい。現地の信頼できる友達と

一緒に行くのがいいだろう。

 

 

恰好としては、水着は当然として濡れても構わないものを。

日焼け止めやサンダル、サングラスを忘れずに。

 

シュノーケルは現地でレンタルできる。

 

 

 

パングラオアイランドのような

天国の島に住み、いつでも南国

ホッピングを楽しめる。時間と

お金の自由を同時に手に入れる

方法とは?

 

 

 

 

アイランドホッピングにおすすめの場所

 

 

何といっても、日本人に有名なのはセブ島。

 

というのも、日本から直行便があることで有名なフィリピンの

場所がマニラとセブであり、リゾートといえばセブだからだ。

 

実際はパラワンやボラカイ、ネグロスなど様々な場所で

アイランドホッピングが楽しめる。

 

 

やはり個人的におすすめしたいのは、モテ仲間と日本人村を

つくろうと考えているパングラオアイランド。

 

公共のアロナビーチからバリカサグ島へ渡る遊び方は、

スキューバダイバーならよく知っている。

 

 

 

優秀な人材の特徴を持つフィリピーナと恋愛をし、

スパンと起業して独立事業を営むのは後輩の仁志。

 

許せない心理幸せ恐怖症の克服がようやくできた彼。

俺と同じマザコンの克服は難しいだろう(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ