現地在住者がフィリピンのコンセント事情を語る


 

 

「フィリピンのカフェで

コンセント使っても大丈夫ですか?」

 

 

 

来週セブに来ることになった戸坂。

 

日本は世知辛いと思っていたところで、

フィリピンの寛大なコンセント事情を知ったのは

初めてマニラに来た時だった。

 

 

 

 

 

フィリピンのコンセントの形状

 

 

日本の場合は、プラグがA型で電圧が100V。これに対して

フィリピンではプラグがA・C・O・B3、電圧は120・230・240。

さすが、明瞭会計を嫌う国(笑)。

 

俺がいるセブならプラグはA型のところも多いが、

これは同じフィリピンでも場所によって異なる。

 

不安なあなたは、変圧器と変換プラグが

一緒になった製品を持参しよう。

 

特に俺が持っているような、世界の主要国の

様々な形のプラグに対応したものを一つ買っておくと

今後の海外旅行にも便利。

 

フィリピンでは、観光地で日本人が泊まるようなホテルなら

日本のコンセントと変わらず、ほとんど出番がないことも多いが。

 

日本から持参した電化製品をチェックして

インプットが100~240Vの場合なら、そのまま使える。

 

 

唯一、俺が2回ほどダメにしたのが

日本のドライヤー。フィリピンでそのまま使うと

電圧が強すぎ、しばらくすると壊れてしまう。

 

これはケソンシティの元カノChryssの家、

そしてホンさんのやっていたゲストハウスで経験した。

 

日本で買ったパソコンはほとんどそのまま使えるが、

ドライヤーは安いので現地で買うことをおすすめする。

 

 

 

フィリピンに移住しても

日本円での安定収入がつきない方法とは?      

 

 

 

 

海外ノマドのあなたに便利なフィリピンのコンセント事情

 

 

日本のお店では長居させないようにするためか、

スタバやマック、その他一部のカフェ以外ではコンセントが
使えないところが多い。

 

表面にキャップがしてあったり、そもそも客席付近に

コンセントを用意してないところも。勝手に使おうものなら

丁寧な口調で注意される(笑)。

 

東京で仕事をしている時、パソコン用の電源を探して

放浪するのが毎回のストレスだった。

 

 

この点で良いのが、

フィリピンのような海外の場合。

 

まだマラテに住んでいた頃よく行っていたカフェで、

スタッフがわざわざ延長コードを持ってきて使わせてくれたりした(笑)。

 

カフェやタブレットを見ながら美味しいコーヒーを飲むのは、

至福の時。テラス席も含め、こういった時間をゆっくり楽しめるのは

やはり海外だ。

 

 

 

フィリピン駐在の新井さんは、カモテス島エルニドの島

フィリピン女優が好きな人。先日やはりコンセント事情を聞いてきた彼も、

俺と同じくフィリピンチョコレートに目がない男だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ