フィリピンのプエルトガレラの魅力とは?


 

 

あなたは、フィリピンのプエルトガレラについて

どれほどご存じだろうか?

 

 

フィリピン人の英会話講師メアリーが、彼女が住む

ミンドロ島の実家から近いプエルトガレラについて

話してくれたのは・・・

 

そういえば、まだ川越にいた頃の

オンライン英会話の授業中だった。

 

 

 

 

 

フィリピンのプエルトガレラへはどうやって行く?

 

 

マニラの中心地から、ビーチリゾートであるバタンガスまで

長距離バスで。または、一緒に行く人数が多いなら車を1台

チャーターするほうが快適に行ける。

 

一方で時間をお金で買いたいあなたは、

マニラから出ているセスナにお願いすることも。

 

 

ちなみにバスの場合は、バタンガスシティではなく

「ピア」で降りることに注意。

 

バスを降りて左の方向に向かい、チケット代とターミナルフィーを

支払って船に乗れば、まもなくミンドロ島プエルトガレラに到着。

 

船の最終便が夕方の5時になるので、マニラの

中心地から向かう場合は早めの計画を立てておきたい。

 

 

 

フィリピン生活をガツンと満喫。

まだまだ外国人が少ないプエルトガレラ

に楽しく住むための、「時間」と

「場所」の自由を伴う収入の

つくり方とは?

 

 

 

 

フィリピンのプエルトガレラの魅力

 

 

とにかく、プエルトガレラは日本人を始め

外国人にまだそれほど知られていない。

 

にも関わらず、首都マニラの中心地からそれほど時間が

かからないビーチリゾート。一部のヨーロピアンダイバーは

隠れ家として、この水中の美しい光景を楽しんでいる。

 

ウミガメにたびたび会えると喜んでいるのは、すでに

この場所のリピーターになっている友達のディック。

 

 

セブとボラカイのように観光地化されておらず、

素朴な雰囲気を保ちながらリゾートを楽しめるのが

このプエルトガレラの魅力。

 

ホワイトビーチは比較的人が多い海水浴場で、

ファイヤーショーを始め様々なイベントが行われている。

 

一方でサバンビーチはダイビングに向いており、

また夜は歓楽街として機能する。

 

その間にあるムリエという街では、

食料品など様々な物を買うことができる。

 

 

その他、フィッシングやカヤック遊び、

アイランドホッピングも楽しめるプエルトガレラ。

 

穴場のうちに、あなたも一度

家族で訪れてみるのはどうだろう?

 

 

 

フィリピン人と離婚し、息子をフィリピンの高校に通わせて

2人をフィリピンに買った住宅に住ませながらも、独りで

フィリピンのプエルトガレラに移り住んだ恭祐。

 

俺と同じガチャピン好きの彼だが、どうやら

独自のフィリピン石鹸を売り始めるらしい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ