これから最も熱いフィリピンリゾートとは?


 

 

あなたはフィリピンのリゾートが

世界ナンバー1、ナンバー2を独占しているのをご存じだろう。

 

このどちらかに行ったことは?

 

 

 

実際に現地を訪れたのは、和光からフィリピンに移住した後だった。

ビジネスばかりでリゾートで遊ぶ時間がなかった俺(笑)。

 

 

 

 

 

これから最も盛り上がるフィリピンリゾート

 

 

これから盛り上がるのは、新しい国際空港により

アクセスが良くなったボホール、特にパングラオアイランド。

 

ここには、ボラカイに引けを取らないほど美しい

ビーチリゾートが広がっている。

 

ビーチの目の前に物件を持ったが、ボホールに観光客が増え

日に日に盛り上がっていくのは現地にいて感じるところ。

 

 

何しろ美しい珊瑚礁、船でバリカサグ島まで渡ればダイバーの天国。

黒魔術で有名なシキホール島にもアクセスしやすい。

 

そして世界遺産のチョコレートヒルズや、

世界最小の猿ターシャにも出会える。

 

もちろんアイランドホッピングも楽しめるし、

アクティビティが豊富で飽きることのない島。

 

 

 

フィリピンに移住して生活費をガツンと

下げる方法。場所を問わない収入を得ながら

ナイトライフやリゾートを楽しむには?

 

 

 

 

相変わらず人気のフィリピンリゾート

 

 

日本人によく知られているフィリピンリゾートとしては、

俺が今いるセブがある。

 

ただしセブの場合はマクタン島にリゾートが集まっており、

かつホテルのプライベートビーチを選ぶ必要があり

選択肢が多くはない。

 

より綺麗な海を求めるなら離島に。

 

セブシティに至っては美しい海がなく、そこから南北に3,4時間

車を走らせないと美しいリゾートにはたどり着けない。

 

 

ダイレクトに美しいリゾートにアクセスしたいなら、

やはり欧米人が認めた世界ナンバー1ビーチリゾートの

パラワン、エルニドへ。

 

ここは混雑しておらず、手つかずの自然の中で

癒されたいあなたに最高の場所。

 

 

そしてもっと観光地らしいのは、

世界ナンバー2ビーチリゾートのボラカイ。

 

ここでは音楽やお酒といったナイトライフも

よりいっそう楽しめる。かつ高級リゾートのエルニドと比べ

バックパッカー向けの施設もあり、リーズナブルに滞在可能。

 

 

マニラのあるルソン島ならバタンガスも良いし、

そこから船で渡ったプエルトガレラもおすすめできる。

 

 

 

留学の方法を情報発信するビジネスでフィリピンで起業し、

東南アジア旅行に出かけたのはもともとリゾート開発に携わっていた芳一。

 

フィリピンの税金に辟易した俺と同じ元神経質の彼も、

ある経験からバタフライ効果を実感している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ