現地在住者が語る「ハネムーンにおすすめの国」


 

 

ハネムーンにおすすめの国と聞いて、

あなたはどこを思い浮かべるだろうか?

 

 

 

ハネムーンの前にすでに子供が2人できていた、

刈込さん。遅ればせながら、最愛の奥さんと

海外に出かけるのを楽しみにしていた。

 

そんな彼がおすすめを

聞いてきたのは、先週の土曜日だ。

 

 

 

 

 

一般的におすすめされるハネムーン向きの国

 

 

ハネムーンといえば・・・月並みだが、日本人向けのサービスが

豊富で安心感のあるハワイがよくおすすめになっている。

 

ここよりコストを下げるなら、サイパンやグアムが定番。

 

 

憧れの水上コテージなら、子供の頃に俺が青木夫妻と

行くはずだったモルディブ、そしてタヒチ。

 

コストを気にせずに、とにかく美しい建物や博物館といった

非日常感を味わいたいならヨーロッパ方面になる。

 

 

近場なら、観光地らしい賑やかなプーケット、自然との

一体感を楽しめるバリ島。

 

治安の面で安心感があるのは、東南アジアのエリート

シンガポール。ただ、予算でいえば東南アジア方面は

安く済むが、このシンガポールだけは物価やホテル代が高めだ。

 

 

北米を選ぶなら、治安の良いカナダはいいが・・・

アメリカや南米は個人的におすすめしていない。

 

まさにハネムーンにメキシコを選んでいたのは、

いとこのヒロ兄だが(笑)。

 

オーストラリア、特にゴールドコースト辺りは

変わらずハネムーンに人気の場所。

 

 

 

ハネムーン後にいつでも海外旅行が

できる経済的余裕を手に入れるための、

おすすめの手段とは?

 

 

 

 

ハネムーンにおすすめのあの国とは?

 

 

俺が現地に住んでいるからというわけではないが・・・

個人的におすすめしたいのは、このフィリピン。

 

 

特にビーチリゾートが好きな

カップルには最高の場所。

 

何といっても欧米人がはっきりと認める世界ナンバーワン

ビーチリゾートのエルニド、ナンバー2のボラカイ。

 

その他直行便がある場所でも、語学留学で人気のセブや

エルニドを超えるほどの美しさを誇るパングラオ島など、

エメラルドグリーンの海と白い砂浜に事欠かない。

 

マリンスポーツはもちろん、音楽やお酒を気軽に楽しめる。

 

 

親日家が多いことでも知られるフィリピン。現地の中国人や

韓国人にマナーの悪い人が多いため(笑)、相対的に日本人の

人気が高い。

 

30度前後の南国であり、どの時期に行ってもTシャツと

短パンといった軽装で済むので、身軽にハネムーンを楽しめる。

 

 

何しろ食事やホテル代、航空券など全てが安く上がり、

特にマッサージは1時間全身で受けても500円足らずと

破格の値段。お土産を買っても安く済む。

 

 

安全という点で不安になる人がいるが、日本人を始め外国人が

多くいる場所については、それほど神経質になる必要もない。

 

海外で過ごす時の基本を守り、

楽しいハネムーンにしてほしい。

 

 

 

俺と同様に国際結婚が長年の夢だったプラハ(チェコ)

好きのモテ仲間マキタさんは、タイ人と結婚することに。

 

ハネムーンにおすすめの国を聞いてきた彼は、

豊かさの意味をガツンと頭に叩き込んでいる

数少ない男性の一人だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ