スラムのフィリピン人が笑顔の理由とは?


 

 

「フィリピンのスラムって、

あのスモーキーマウンテンですよね?」

 

 

 

漫画好きが高じて副業で漫画制作を始めた、

上祖師谷に住む高梨。

 

何かのきっかけで、フィリピンを始め

東南アジア各地のスラムの現状に興味を持った様子。

 

 

 

 

 

スラムでもフィリピン人が笑顔の理由

 

 

ほとんどスラムに近いスコーターエリアで何度も寝泊まり

したことがあるが・・・そこで気づくのは彼らが、家族や親戚

近所の人達と助け合って生きているという事実。

 

食べ物の分け合いはもちろん、友達が困っていれば

お金がない中でも何とか貸してあげようと努力する。

 

 

これだけ厳しい生活の中でも、貧困を理由に自殺する人が

いないフィリピン。物質的に恵まれていなくても、その日

その日を楽しんで生きるスラムの人々。

 

まさに日本人が、忙しすぎる毎日の中で少しずつ

置き忘れてきたことのように感じる。

 

 

とはいっても、フィリピンのスラムは当然

安全な場所ではないし、何より不衛生。

 

何かの取材で入ることがあっても、単独はもちろん

決して日本人だけで入らず、信頼できる現地人を伴いたい。

 

 

 

スラムでも明るいフィリピン人達と、

気ままな南国生活。時間と収入の

バランスを手に入れる具体的な手段

とは?

 

 

 

 

フィリピンのスラムの現実

 

 

この国のスラムについては、治安の悪いことで有名なスラム街

トンドからそれほど遠くない、カローカンに住んでいた元カノの

アーメルからいろいろ学んだ。

 

 

例えばこのトンドでは、1キロ圏内に4万人を超える

不法居住者が住んでおり、ゴミや害虫・ネズミとの共存。

とにかく不衛生極まりない劣悪な環境。

 

入ると、悪臭も耐え難いものがある。

 

怖いのは、ゴミの定期的な収集などもちろんないので

失火の危険が常につきまとうこと。

 

 

こうしたスラムが

大都市近郊にできてしまうのは・・・

 

仕事を求めて地方から出てきたものの、期待していたような

仕事にありつけなかった人達が、お金もないままその近くに

住み着いてしまうことがその発端。

 

その日暮らしで何かを売って稼ぎ、1日1日をつないで

生きるというのは、こっちでは当たり前の暮らし方。

 

安定した仕事にこだわらなくなると、

こうした生活サイクルにすんなり入ってしまう。

 

一方のフィリピン政府も、こうした浮浪者のような人達が

集まる場所についてほとんどテコ入れをしない。かくして

スラムは拡大していく。

 

 

元英会話の先生セドリックから聞いて驚いたのが、各地の墓場にも

スラムができていて、そこに住み着いている人達がいるということ。

 

写真を見たが、遺体の入っている箱が積み重なっている脇で

食事をしたり、バスケに興じている様子はさすがにゾッとする

ものがあった(笑)。

 

 

 

フィリピンやタイの夜遊び、特にパタヤでの夜遊び

ハマっていたのは、スラム出身でありながrネットでの

お金儲けで成功したアレックス。

 

俺と同じ元人見知りで対人コミュニケーション

苦手だった彼は、今まさにセルビア観光を楽しんでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは6件です

  1. 倉島 より:

    フィリピンのスラムは歩けないけど、日本のはなぜか歩けるわたし。ボランティアいくかな>>ただ、
    例えスピーキングや
    ヒアリングがすぐにできなくても、
    例えば読書で面白い英文に
    触れている絶対量が多ければ、
    少なくとも英語を毛嫌いしたり
    苦手意識は持たないはず。
    人とのコミュニケーションが苦手でも、
    読書が大好きで本の虫と自負する
    加藤のような男もいる(笑)。

  2. makostyle より:

    私も含めてそうなのかもしれませんが、親しい間柄であってもお金に関わるとどうしてもギクシャクしてしまうのが日本人だと思います。それに比べてフィリピンの貧しいスラムの人たちの心の広さには感動すら覚えます。

  3. シルビアン より:

    スラムに暮らす人々と日本のホームレスを比較するのは違うかもしれないけど、
    ホームレスは一度なってしまうと、やめる気にならないとか。
    意外に居心地がいいのかもしれません。

  4. ひかり より:

    都市の中にスラム街ができてしまう理由が
    分かりました。
    期待通りにならないと、真逆の人生が待っているのですね!!
    本当の幸せって何なんでしょうね。
    心の底から笑える人生っていいですね。

  5. きよ より:

    日本では、貧困が理由の自殺よりも、貧困以外の理由でが多いように思います。
    スラムの人々は日銭稼ぎの日本のホームレスと同じような生活サイクルだけど、
    日本の場合はそこまで不衛生ではないですよね、多分。

  6. こう より:

    フィリピンの人たちは助け合いの精神が根にあるんですね。貧しくても笑顔でいられるなんて素敵なことです。今の日本もそういった助け合いの心が必要ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ