フィリピン人の正装とは?女性が着ているテルノって?


 

 

日本で身近なフィリピン人ですが、現地の正装は意外と知られていません。

目の当たりにすると分かりますが・・・女性が着ると、とてもエレガント。

 

 

今回は、フィリピンの正装について紹介します。

 

 

 

フィリピン人の正装であるテルノ。女性が着るときはいつ?

 

 

Terno(テルノ)とは、フィリピンの女性用民族衣装の事で、

パイナップルなどの葉の繊維で作られています。

 

女性の正装テルノは、張り出したバタフライスリーブが特徴的で、

スペインの植民地であった影響を受けており、

東南アジア諸国の民族衣装の中でも、一際存在感を放っています。

 

 

フィリピン女性用の民族衣装はテルノと言いますが、

フィリピン男性用の民族衣装はBarong tagalog(バロンタガログ)と言います。

 

こちらもテルノと同じく、

パイナップルなどの葉の繊維で作られています。

 

 

フィリピンの民族衣装であるテルノも

バロンタガログも正装衣装なので、

普段着として着ることはほとんどありません。

 

日本の和装と同じように、結婚式などの大切な行事で、

特別な時の正装として着られることが多いです。

 

 

 

フィリピン人の正装である民族衣装を着てみよう!

 

 

テルノやバロンタガログは、

お土産屋さんや専門店で

リーズナブルな値段で購入することができますが、 

 

手の込んだ物や上質な物になると、

数万円から数10万円くらいします。

 

ゆとりのあるテルノや、シースルー状になっているバロンタガログは

とても涼しくて着心地がよく

一年中暖かいフィリピンで過ごすのにぴったりです。

 

自分がフィリピンで過ごすなら、

正装であるテルノやバロンタガログは買っておくと、

大切な行事などで、レンタルしなくても済むので、いいかなと思います。

 

 

 

フィリピンの伝統衣装の生地は実は身近なアレだった!

 

 

フィリピンの伝統衣装である、テルノやバロンタガログは、

実はバナナの葉やパイナップルの葉の繊維を織った織物です。

 

絽(リョロ)のような薄手の織物に仕上がっています。

 

 

バロンタガログは、スペイン統治下の平民用の服で、

記事が薄くポケットがない作りで、

当時のフィリピン人に武器を携帯させない目的で作られたようです。

 

 

 

チームの連携を取るのが難しいとお考えのあなたへ。

 

「何かあやしい」と世間から思われている

ビジネスはやめたくありませんか?

 

 

フィリピンに伝わる伝統は今でも守られている?

 

 

フィリピンには新年を迎えるための、さまざまな伝統文化があります。

フィリピンでは、新年が家族にとって素晴らしい一年になるようにと、

繁栄の願いを込めて、13種類の丸い果物を飾る伝統があります。

 

また、フィリピンでは新年に鶏肉を食べると、

その年は金銭的なトラブルに見舞われると言われており、

 

普段は、よく鶏肉を食べるフィリピン人ですが、

新年に鶏肉を食べる人はあまり見ません。

 

 

 

フィリピンの食べ物について

 

 

フィリピンの主食は、日本と同じでお米であり、

使われている米は少し細いタイ米です。

 

日本の米と同じで、値段により味に違いがあり、

高価なものほどおいしいです。

 

 

また、パンデサル(pandesal)というバターロールプレーン味みたいな

丸っこいパンやアメリカで主に食べられるシリアルや

オートミールも主食とされています。

 

 

パンデサルはバターロール以上に味がしないくて、

乾パンに近いです。

 

ジャムやバターを付けないと食べるのはつらい。

 

 

西洋料理では、フォークとナイフを使って食べますが、

フィリピンではフォークとスプーンを使います。

 

フィリピンでよく食べられる野菜は、なす、オクラ、かぼちゃ、

白菜、ニンジン、キャベツなど、

日本でもよく食べられるものが揃っています。

 

 

フィリピンでは、調味料も日本と同じく醤油を多く使用するので、

日本人の口にも合います。

 

 

フィリピンは周りを海で囲まれている国なので、

新鮮な魚介類を調達するのに困ることはありません。

 

そのため、フィリピンでは魚料理もよく食べられていて、

フィリピンで、魚料理といえばバグス(bagus, ミルクフィッシュ)。

 

バグスは別名ミルクフィッシュとも呼ばれる淡水魚で、

フィリピンの人がよく食べる魚の一つです。

 

 

 

ルーマニア人と結婚してロシアでビジネスを進めているのは、

自分と同様に、人からどう思われているか気にしない和也。

 

今はフィリピーナの彼女と、不安な将来のために戦っています。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ