現地在住者が語るフィリピンの年末


 

 

フィリピンで年末を過ごそうと

計画したことは?

 

 

 

俺の場合は、埼玉からビジネスのために

何度もフィリピンに通っていたが・・・

現地で年末を過ごすことはなかった。

 

これを初めて経験したのは、

完全移住から2年経った後のこと。

 

 

 

 

 

フィリピンの年末の特徴

 

 

フィリピンの年越しは、一言でいえば

「とにかくうるさい」ということ(笑)。

日本のような静かな年末は期待できない。

 

爆竹と花火が、そこら中で激しい音と光を放つ。

 

ブブカがそこら中で売られており、ノイズを

ガンガン出して日本人の神経を逆なでする(笑)。

 

音に神経質なあなたの場合は、日本でゆっくり

年越しそばを食べ、紅白を見て初詣に出かける

典型的なお正月をおすすめする(笑)。

 

それでも規制が入ったので、以前より

ずいぶんマシと語るのはフィリピンの友達ヨン。

ネグロスで、大勢の家族と年末を過ごすのが恒例の彼女。

 

 

そもそも、この後進国フィリピン。

 

都市部を始め、工事の騒音や犬の鳴き声、フィリピーナの

バカでかい話し声、四六時中流れる音楽にジープニーや

パトカーの音など、とにかくノイズに囲まれる。

 

神経質な日本人には住みづらい国の典型だ。

 

田舎に行けばマシだと思いたいが、野外でカラオケをやったり

音楽をかけたりするので、これはこれで耳障り(笑)。

 

 

キリスト教国フィリピンでは「大きな音は邪気を払う」と

信じられているので、彼らは音に寛大どころか、あえて

大きな音を立てようとする。年末となればなおのこと。

 

これを理解していなければ、現地では常に

苛立ちながら過ごすことになってしまう。

 

 

一方で、教会に行ってミサに参加するのも

この国の特徴的な年末といえる。

 

 

 

フィリピンで年末を楽しんでいる間も

尽きない安定収入。その秘密とは?

 

 

 

 

フィリピンの年末の安全な過ごし方とは

 

 

年末の爆竹や花火でケガ人が出るのは有名。

中には死亡者も・・・

 

先日聞いた話だと、昨年はマニラで小さな女の子の

右手が吹き飛んでしまったなんて悲しい事故も。

 

 

あなたが安全に過ごすためには、年末の盛り上がる時間

とにかくホテルやコンドミニアムから出ないこと。

 

特に、カウントダウンから年明けまでの時間だ。

 

 

いずれにしても、公共の場での喫煙が禁止されたり

ドラッグの規制が強化されたりと、風紀や治安面の

改善が進むフィリピン。

 

この手作り花火が完全に禁止される日も

遠くないかもしれない。

 

 

 

フィリピンにバコンと海外移住し、ネットの出会いから

交際に発展したコピーナ(韓国とのハーフ)ジェンと

いつも年末を楽しむ仲間の春日井さん。

 

個性心理学診断で俺と同じライオンのみならず、

やはりマザコンの彼(笑)。今はハノーバー観光

ポルトガル旅行を満喫している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ