海外移住者が語る中国のお金


 

 

中国のお金について、あなたは

どれほどご存じだろうか?

 

 

 

実は、俺が中国に初めて行ったのは

フィリピンに和光から移住した、だいぶ後。

 

中国人の友達はフィリピンや日本にも多かったし、

香港は早々に訪れていたのだが・・・現地のお金について

詳しくなったのも、上海や大連に足を運ぶようになってからだ。

 

 

 

 

 

中国のお金は人民元

 

 

中国で流通しているお金は人民元、カジノ天国マカオのパタカ、

そして金融都市・香港の香港ドル。

 

ただし、中国本土で使えるのは人民元だけ。逆に香港では香港ドルだけで、

マカオではパタカと香港ドル両方のお金が利用可能。

 

 

ちなみに元は「ユエン」と読み、クアイと呼ばれる。

 

この人民元紙幣には1元・5元・10元・20元・50元・100元があり、

補助通貨として角(ジャオ/マオ)と分(フェン)が使われている。

 

 

他の国と同様に、空港やホテルで両替はできるものの

レートは悪め。中国でお金を手にする際は注意しよう。

 

 

 

お金を気にせず中国に長期滞在。

それを可能にする「場所を問わない安定収入」とは

 

 

 

 

中国でお金を扱う際に気をつけたいこと

 

 

この中国で気をつけたいのは、大量に出回っている偽札。

特に一番大きな100元札には偽札がよく混ざっているので、

現地でお金を使う時には注意したい。

 

怪しい場所で両替するのも避けよう。

 

 

そして中国のお金に関する別の注意点としては、日本円で

約3万円、2万元までしか国外に持ち出せないということ。

これは、フィリピンの1万ペソとあまり変わらない金額。

 

また中国のお金を日本円に戻す時の注意点は、

両替証明書が必要であること。

 

100元以下の紙幣は戻せないという点、かつ

戻せるのは両替の7割までという、かなり不便な制約も

知っておく必要がある。

 

 

ところで、そもそも中国ではお金として

現金が使われなくなってきている。

 

俺も日本でやっていたのが、LINEの中国版のようなWeChat、

その電子マネーが日常のお金として使われている。

 

 

フィリピン移住前に池袋でよく一緒に飲みに行っていた

中国人レンちゃんが教えてくれた、この国のお金以外の特殊事情・・・

普通のクレジットカードが使えないケースが多いこと。

 

カードで支払いたいなら、現地に出向く前に

銀聯カードは持っておきたい。

 

 

 

中国でフィリピーナと恋愛し、幸せ恐怖症を克服して

お金の問題を解決したのは優秀な人材の特徴を持つ

悪口を言わない宝田くん。

 

かつての俺のように将来の不安ばかりを抱いている彼も、

今は明るい表情だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ