ネットで内職するならベストなのは?


 

 

ネットを使った内職が人気だが・・・

どの方法が最もいいんだろう?

 

 

 

マニラで近所に住んでいた、日本人移住仲間の宮下。

 

マカティの会社に勤める他に

ネットでの内職を考え始めた。

 

 

 

 

 

ネット内職のメリット

 

 

当然ながら、PCやタブレットでの内職はリアルなアルバイトや

副業とは異なり、物理的にその場所に行かずネットで完結する。

 

これは、精神的にも時間的にも負担がかなり小さくなる。

 

クラウドワークスなどが代表的だが、納期はあるものの

自分の都合に応じたペースで仕事ができるため、計画も

立てやすく焦りもない。

 

 

また普段の本業で人と接することに疲れている人にとっては、

メールやメッセージだけのやり取りでよくなるため、その意味

での心理的負担もない。

 

 

さらには、時間の許す限りいくつでも案件をかけ持つことが

できるというのも、やはりネット上での内職のメリット。

 

空いた時間を内職で有効に活用したいサラリーマンや、子育てで

外に働きに出ることができない主婦にとってはネットが大きな救いと

なっている。

 

 

内職というと、和光の幼なじみで近所に住んでいた坂ちゃんの

お母さんがやっていた、部品をつなぎ合わせていく作業を思い出す。

あの頃はまだ、ネットなんてものは完全に想定外だった(笑)。

 

フィギュアを作ったりなどの仕事は今でももちろんあるが・・・

やはり多くの日本人は、ネットでの内職に移行している。

 

 

 

ネット内職を通して「時間」「場所」

「お金」の自由を得る手段

 

 

 

 

ネットの内職でベストな仕事

 

 

アンケートに答えたりポイントサイトで稼いだり、オークションで

物を売ったり・・・俺がやっていたように、アリババやタオバオから

中国商品を安く輸入してAmazonのFBAを使って販売したり。

 

人気のものでは、家電量販店でお得な商品を見つけてきて販売する

というせどり。またオンライン上の案件サイトでプロジェクトごとに

仕事をしたりと、ネット上の内職というのは限りなくある。

 

ただし、売る物や案件が安定的に見つかるかというと・・・

やはり長期的に続けていくことを考えれば不安。

 

 

積み重ねた努力が形として残り、それが

時間と場所の自由をもたらしてくれたら理想的だ。

 

 

仲間にニュースレターで紹介しているのは、ブログや

メールシステムを組み合わせた個人メディアをつくることで、

場所を問わない収入を得ていく方法。

 

記事が積み重なれば集客もどんどん楽になり、

あなたの好きな場所に住むことができる。

 

自分やすでに自由になった仲間の経験から、特別な才能のない

個人が自由になるために最も無駄のない、そして確実な手段だと

言い切れる。

 

 

 

続けていた内職を本業にして起業・独立幸せ恐怖症の克服という

優秀な人材の特徴を持つネット起業家の仲間カズシさんは、

フィリピーナとの恋愛を通して許せない心理をバシッと克服した。

 

泣き上戸という点で俺と同じなのが面白い(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. cocot より:

    在宅ワークを探して決めるのは結構難しいですよね。
    募集案件には必ずコピペでOKとか、LINEで詳しく詳細を教えます、とか別のサイトに誘導する仕組みなんです。
    で、他のサイトに誘導されると登録料がかかりますとか…
    在宅ワークを探すのは難しいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ