フィリピン在住者が語る「セブとボラカイの違い」


 

 

どちらもフィリピンで人気のリゾート、

セブとボラカイ。

 

あなたはどちらがお好みだろうか?

 

 

 

セブとボラカイの両方に長期滞在した男が、

その違いを語ってみる。

 

 

 

 

 

セブとボラカイの違い

 

 

どちらも世界有数のリゾートであるのは

疑いのない、セブとボラカイ。

 

ただし、美しい海にどれだけ気軽に

アクセスできるかには大きな差がある。

 

 

セブといえばそこら中に綺麗なビーチがあるだろうと、

まるでボラカイと同じように考えている人がいるが・・・

 

空港のあるマクタン島、そこにある

それぞれのホテルがプライベートビーチを所有。

 

セブで綺麗な海が楽しめるのはそうした場所であり、

また本当に美しいのは離島。たどり着くまでには

それなりに時間がかかる。

 

例えば俺がよくおすすめしているのは、セブ島最北の

マラパスクア、またカモテスやモアルボアル、オスロブ

といった場所。

 

こうした場所には、

セブの中心地から車で2時間以上かかる。

 

 

これに対してボラカイの場合は、島自体が小さいだけに

そこら中に美しいビーチが。世界No.2ビーチリゾートとして

知られるだけのことはある。

 

 

ビーチの目の前を除けば、セブとボラカイのどちらにも

バックパッカーが泊まれるような格安宿があるのは、

フィリピンファンにとって嬉しい。

 

 

 

セブとボラカイをいつでも楽しめる

海外移住。日本を離れても日本円の

安定収入が入り続ける理由とは?

 

 

 

 

セブからボラカイへの行き方

 

 

日本からマクタンセブ国際空港へは、

各地から直行便が出ている。

 

そこから国内線に乗り換え、ボラカイ近くのカティクラン空港か

バスで少し移動する必要のあるカリボ空港まで飛ぶ。

 

ちなみにカリボ空港は、小さいながらも国際線。

 

カティクラン空港なら、ボラカイまでの港がすぐなので便利。

時間をお金で買いたいならこちらだろう。

 

 

こうした乗り換えや支払いが面倒な場合、ローカルの

サウスウエストツアーズというピックアップサービスを

利用するのも一つ。

 

これは、ボラカイ島から少し離れたカリボ空港から

ボラカイの現地のホテルまで一気通貫で送迎してくれる

サービスだ。

 

日本円で1,200円程度だし、一度の支払いで済んで

お任せできるのは楽。

 

流れとしては、カリボ空港からカティクラン港までバス、

そこから船でボラカイ港に。さらにホテルまで車で移動。

 

ものぐさだったり迷いやすい

あなたには、かなり便利なはず(笑)。

 

 

 

セブに住むフィリピン永住者の仲間ゴンさんは、

英語を学ぶためにボラカイを訪れたのを機に40歳で起業

 

常に仕事をポジティブにガンガンこなす彼も、落ち込む頻度は人並み。

それでも、俺と同様にリカバリーがとにかく早い(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ