わずかなお金でもフィリピンならエンジョイできる理由とは?


 

 

「フィリピン生活って

お金どれくらいかかりますか?」

 

 

 

2年半勤めた営業の仕事が心から嫌になり、

いっそのこと日本を離れて後進国で生活をしたいと

言い始めたのは・・・地元の後輩、墨田だ。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

楽しむために必要なフィリピンでのお金

 

 

フィリピンで必要なお金は、俺がセブで半外こもり生活を

実験してみた限りでは(笑)月6万円程度でも十分。

 

これには観光ビザの更新料も含む。

 

フィリピンなら、セキュリティがしっかりしたホテルで

暮らしても月に3万円程度。民泊を利用すれば2万円以下の

お金でも、十分1ヶ月滞在可能。

 

食費はフィリピンのローカル料理も大丈夫なら

月1万円以下のお金で済むし、マッサージを毎週受けても

月に2,000円いかない。

 

 

さらに、フィリピンから近場の東南アジア諸国に毎月

海外旅行をするとしても、一回の旅行で5万円のお金も

かからない。

 

そうなると、余裕を持って月15万円あれば

旅も我慢せず豊かに暮らせることに。

 

こうしたお金が「場所を問わない収入」なら、

もうそれこそ問題が解決する。

 

 

 

フィリピンに住んでお金の悩みから

解放される具体的な方法

 

 

 

 

お金の問題をフィリピンで解決できる

 

 

日本にはビジネスが順調で1千万円以上の年収になったり

2017年の仮想通貨高騰で億万長者になった人もいれば、

一方で年収2百万円以下できつい生活を送っている人も。

 

この経済格差が、他の国と同様にどんどん広がっている。

むしろ今までの日本が特殊だったと言えるが。

 

 

このフィリピンも、俺が住んでいるセブでは観光客向けの価格が

軒並み上がっており、人件費も少しずつ上がりつつあるが・・・

まだまだシンガポールやタイのように高騰してはいない。

 

フィリピンは経済成長がめまぐるしいので今後どうなっていくか

分からないが、少なくとも東京で生活する場合の4分の1以下の

生活費でのんびり暮らせるのは確か。

 

 

ここで仲間に提案したいのは、オンラインで世界の

どの場所にいても日本円で収入を得られる情報発信ビジネス。

 

具体的にはブログやメールマガジンを活用し、日本水準の収入を

得ながらフィリピンで月8万円以下の生活費で暮らし、

その余剰分をローリスクの投資に回して私的年金をつくること。

 

とにかく大きい金額を稼ごうとするよりも、将来

不安のないだけの安定した収入を目指す。

 

具体的にはニュースレターでお伝えしていこう。

 

 

 

フィリピンでのお金の節約法やフィリピン保険

ロシアSIM国際結婚に詳しいのは一度起業で失敗した松坂さん。

 

彼も俺と同じく元人見知りだったのは

意外な事実だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授