現地在住者が語るマニラの置屋


 

 

マニラに置屋という存在があるのを知ったのは、
現地在住歴が俺より長いカツさんの話からだった。

 

 

 

 

 

マニラで置屋がある場所

 

 

マニラやアンヘレスといった地域で夜遊びに慣れている

あなたですら、置屋も同じような歓楽街、風俗街の目立つ

場所にあると考えているかもしれない。

 

実際はその日本語のイメージが合うように(笑)、

普通の住宅街に紛れ込み一般的な民家の顔をして

営業している。

 

相場は大体5,000円前後というところ。

連れ出しは、たいていのお店では朝まで大丈夫だ。

 

 

マニラの置屋は、日本人が普通に歩いても安心できる

綺麗で安全な街マカティの場合は、パラナンに。

 

あとは俺が一時住んでいたマラテ、

夜遊びで有名なエルミタ地区に多い。

 

ちなみにこのマニラのエルミタ地区には、純粋な置屋ではなく

「バー」という形で営業しているお店も少なくない。

 

普通のパブやミュージックバーと違うのは、

中に入れば一目瞭然。女性が並んで立っているので

あなたもすぐに気づくだろう(笑)。

 

 

 

マニラの置屋をいつでも楽しめる

時間的・経済的余裕をつくる

具体的な手段とは

 

 

 

 

マニラで置屋に行く時の注意点

 

 

マニラの場合、まずは置屋から女性を連れ出したら

どこかに飲みに行くなど、相手のことを知るほうがいい。

 

明らかに若い場合は、未成年でないかどうかを

しっかり確認しておくのが無難だ。

 

ここを適当にスルーすると、後で大変なことになる。日本の

有名な芸能人が拘束され、大金を要求されたのは有名な話。

 

 

マニラで遊ぶなら、日本製の避妊具を持っていくのは当然。

現地のものは残念ながら信用できない(笑)。置屋の女性を

相手にするなら、こういったプロテクトは必須になる。

 

宗教上の理由もあり、彼女らは避妊に対して無頓着なので

あなた自身の意識が大切といえる。

 

 

さらには、こうした住宅街にある置屋の場合は必然的に

人通りのない通りを歩いたり、日本人を始め外国人が

あまり来ない場所になる。

 

お店に向かう時は、時間帯や格好には注意を。

 

日本人はフィリピンに来るとなぜか優越感を感じる男性が

多く、気が大きくなりがちになる。とにかくこの国では、

明らかに目立つことは危険。

 

 

ちなみに、複数人で行くと値引きの交渉もできると

話していたのは、置屋好きの高橋さんだった。

 

 

 

マニラ移住に失敗し、結局国内移住で落ち着いた

ロシア人ビジネスマンのヤンスキー。置屋の話をしたら、

鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていた(笑)。

 

俺と同じ元ネガティブの彼は、今でも

起業の失敗を気持ち的にズルズルと引きずっている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. ななママ より:

    置屋というと舞妓さん芸妓さんを抱えている所の事だと思っていたのですが、違うものもあるのですね。有名な芸能人が大金を要求された事件は知りませんでした。誰なんでしょう?気になるなー。

  2. makostyle より:

    田舎者ですので置屋というものの存在自体知りませんでした(笑)。でもフィリピンに行ってちょっと羽目を外して夜遊びを楽しみたいときに参考にさせていただきます。ただ避妊は気を付けたいですね(笑)。

  3. セッチン より:

    置屋っていうのがあるんですねそもそもしりませんでしたしかもあの危なっかしいマニラに以前仕事で行ったことがあるんですがラグナのほうがよかったですやっぱり静かなところが自分はいいですねナイトライフの感じはみんながギラギラしていて独特の空気があって自分には馴染めないですやっぱり女性を買うっていうのはちょっと怖いししかも新興国だといろいろ何かありそうでそこ割り切ってると楽しいところなんでしょうね安くてだけいるんだからでもやっぱり後々のことも考えなければいけないしやっぱり家族を背負っている以上リスクをわけにはいかないちょっとした遊びで人生を棒に振ってしまうのはやっぱり自分の方向性とは違うのでいろいろ考えながらもやっぱり遊びに行く場所選びたいと思う今日この頃です

  4. ひかり より:

    マニラにはそういった場所があるのですね。
    全然知りませんでしたし
    そういった文化があるのですね!!
    日本人は騙されやすいので
    行った時には気を付けたいですね。

  5. ひろし より:

    置屋楽しそうですね!価格も日本より全然安くて面白そう。日本と違って病気が多いので避妊には気を付けたいですね。目立たないように行動することが大切ですね。

  6. ユウゾラ より:

    朝まで連れ出して5000円は安いですね。お金がないため夜の遊びというものを楽しみたい欲も湧きませんが、この金額ならいけそうです(笑)。問題はフィリピン人とうまく会話ができるかどうか(笑)。

  7. のら より:

    置屋ですか、連れ出しに5000円は安いですね。けど確かに相手が未成年だったら大変なことになります。アバウトなようで意外とこういうことには厳しい国ですから気をつけたいですね。

  8. 美女も野獣 より:

    フィリピンに行くと気が大きくなる(笑)。何かわかる気がする。実際に旅行に行くと解放感もありますしね。私もあまり気が大きくならないように気をつけよう。

  9. あむ より:

    置屋という存在を初めて知りました。
    中には未成年の方もいらっしゃるのですね。
    見た目では分からないところもあると思いますので…男性の方には気をつけたい頂きたいところですね…

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ